Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イラン政権は国民の不満に対処しなければならない

イラン政権は国民の不満に対処しなければならない

イランの大学生が集まっている南部の都市シラーズ。(AFP通信)
イランの大学生が集まっている南部の都市シラーズ。(AFP通信)
Short Url:
01 Oct 2022 08:10:03 GMT9
Majid Rafizadeh
01 Oct 2022 08:10:03 GMT9

私は長い間、イラン政権が、いつ炎上してもおかしくない非常に乾燥した森のようなレベルまで国民を抑圧していると主張してきた。どのような火種も、政権に対する人々の不満や怒りを大火に変える可能性がある。つまり、広範囲にわたる抗議行動は、最終的に政権を握っているムッラーの権力を危険にさらす可能性があるということだ。

指導者が国民の不満や要求に対処しない限り、イラン国民は降伏しないことを示してきた。

圧倒的多数の人々の要求は何か。第一に、人々は支配的な聖職者からなる「道徳警察」、イスラム革命防衛隊とその準軍事組織であるバスィージによって課された、制限的な規則にうんざりしている。多くの人々は、シーア派神権政治が社会にその過激な信念と教えを強制することを望まない。言い換えれば、民衆の標的は聖職者支配層とその体制である。

イランの若者たちは長い間、公共と民間の両方でさまざまなプラットフォームを通じて、国家の規則に逆らい、政権の制限的な宗教法や道徳警察への反発を示してきた。女性が公共の場でヘッドスカーフを脱いだり、髪を切ったりするなどの運動や行動は、神権政治体制に対するさまざまな抵抗手段として解釈できる。先週アムネスティ・インターナショナルはこう指摘した:「マフサ・アミニさんの死後、過去数日間にわたって急増した、死者を出したイラン治安部隊の反応に直面した抗議者らの勇敢さは、虐待的なベール着用を義務付けた法律、違法な殺害、そして広範囲にわたる弾圧に対する、イランでの憤慨の程度を明らかにしている」

第二に、国民は政府が人権と生活を尊重するよう望んでいる。一般の人々は、政府による虐待や違反を開示する上で重要な役割を果たしてきた。イラン政権は依然として世界最悪レベルの人権侵害を行なっている。そして、1988年に何千人もの政治犯の虐殺を承認した「死の委員会」の一員であったイブラヒム・ライシ大統領の強硬な政権下で状況は悪化した。

人々が正義を要求して街に流れ込むたびに、政権軍は弾圧を起こし、人々を抑圧する。抗議運動が全国的に起こった場合はなおさらである。司法機関とIRGCは大きな権力を振るい、多くの抗議者が正式な手続きを踏まずに逮捕・投獄されており、他にも多数が殺害されている。

人々が正義を要求して街に流れ込むたびに、政権軍は弾圧を起こし、人々を抑圧する

マジッド・ラフィザデ博士

アムネスティ・インターナショナルは先週の声明で状況を説明し、国際社会に行動を起こすよう促した。次のように述べた:「イラン全土の20の都市と10の州で起きた過去2晩の新たな暴力行為から組織が収集した証拠は、イランの治安部隊が抗議者に意図的に、また違法に実弾を発砲するという悲惨なパターンを示している…組織は国際社会が緊急に行動を起こすよう繰り返し呼びかけ、意図的に実施されたインターネット遮断の中でさらなる流血の危険性を警告した」

第3の重要な要求は、民主的な統治体制を確立することだ。つまり、イスラム共和制に対する国民の不満の政治性を無視すべきではない。人々は権威主義と専制主義に頑強に反対している。だからこそ、多くの人々は命を懸けて、「(最高指導者アリー・)ハメネイに死を」と唱えてきた。これはイランでは死刑に相当する。他にも多くの人々が「ライシに死を」、「イスラム共和制に死を」、「恥を知れハメネイ、辞任しろ」、「独裁者に死を」と唱えている。また、人々は命を危険にさらして、ハメネイ師と前任者のアヤトラ・ホメイニ師が描かれた垂れ幕を引き裂いている。

第四に、多くのイラン人は、政権が国の資源をこの地域の代理人や民兵、テログループにではなく、国民に費やすよう望んでいる。そのため、普及するようになった他のスローガンには次のようなものがある:「パレスチナを忘れろ、ガザを忘れろ、我々のことを考えろ」「ヒズボラに死を」「シリアから手を引け、代わりに我々のことを考えろ」

最後に、多くの人々は生活水準の向上と経済的平等を求めている。首都テヘランに住む、イラン人の母親で教師のナスタランさんはこう説明した:「私の給料は月に3,000,000トマン(約100ドル)で、政府はパン1個の値段を10,000トマンにしました。私と子供たちは1日に5個のパンを使います。つまり、私の給料の半分はパン代だけに消えます。家賃、他の食料、子供たちの学費、医療費、電気代、ガス代、水道料金はどうしたらよいでしょうか。どの大統領も改善を約束していますが、状況は悪化し続けています」

イラン国民は、聖職者支配層と権威主義に屈しないことを繰り返し示してきた。イランの指導者が国民の不満に対処しない限り、その権力の座は危ういままである。

マジッド・ラフィザデ博士はハーバード大学出身のイラン系アメリカ人政治学者。ツイッター:@Dr_Rafizadeh

特に人気
オススメ

return to top