Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノンが崩壊するにつれ、瓦礫に埋もれていくヒズボラ

レバノンが崩壊するにつれ、瓦礫に埋もれていくヒズボラ

レバノンのヒズボラの指導者サイード・ハッサン・ナスラッラー師は、2023年1月19日、レバノンのベイルートでビデオリンクを介して演説を行った。 (ロイター)
レバノンのヒズボラの指導者サイード・ハッサン・ナスラッラー師は、2023年1月19日、レバノンのベイルートでビデオリンクを介して演説を行った。 (ロイター)
Short Url:
24 Jan 2023 02:01:50 GMT9
バリア・アラマディン
24 Jan 2023 02:01:50 GMT9

レバノンは先週、ドミニカ、赤道ギニア、ガボン、南スーダン、ベネズエラなど、分担金を2年分以上滞納したために国連の投票権を失った国の排他的なクラブに参加した。

これは、少なくともパレスチナの大義のために、人道的および人権的問題に取り組む国家として健闘し、国連で重要な役割を果たしてきたことに誇りを持っていたこの国にとって、非常に屈辱的で残念なことである。

1米ドルが5万レバノンポンドという記録的な安値に達したために、たとえレバノンの外交官が国際的な取り組みを尊重したとしても、ほとんど価値のない現金でいっぱいの手押し車を押しながら国連事務所に出向かなければならないだろう。

議会は、11回連続で大統領を選出する試みに失敗した。国会議員の半数はヒズボラが支援する候補者を阻止し、ヒズボラは基準を満たさない者に投票することを断固として拒否したため、参加している議員は当分国会の場を離れられない可能性がある。

先週、ハッサン・ナスラッラー師は次のように発言した。「自己犠牲をも辞さない勇敢な大統領を望んでいます」 もちろんこの発言は、ナスラッラー師からの命令を進んで受け入れる大統領をヒズボラは必要としているということを意味している。 

間もなく空席になる軍の長官や中央銀行の総裁のポジションなどは大統領の選出なしでは補充することができず、国家の上級職にも二次的な影響を及ぼす。議会がヒズボラの要求を認めるまで、政府をまとめられない状況は続く模様だ。

世界銀行の最新の報告書は、レバノンが「19世紀半ば以降、世界で最も深刻な危機」にランクされているだけでなく、「前例のない制度的空白により、危機の解決に関する合意や、重要な改革の批准をさらに遅らせる」ことを警告している。 レバノン政府とIMFは名目上30億ドルのプログラムに合意したが、これは700億ドルを超える金融部門の損失のほんの一部であり、また社会で最も脆弱な人々のための回復計画を除外している。

先週、親しい友人であるガッサン・イブラヒム氏を亡くし、私は深く悲しんだ。ガッサン・イブラヒム氏は才能のある建築家およびインテリア・デザイナーで、彼の財産の多くを恵まれない人々に分け与えた。ガッサン氏は、銀行危機でほとんどのお金を失い、従業員に給与を支払うことができず、失意の中、眠っている間に亡くなった。レバノンはガッサンの国であるが、誇り高い市民は不可能な決断を強いられ、彼ら自身のせいではなく、経済的に最も基本的な義務を果たすことができない。

ヒズボラは、レバノンの機関の崩壊を利用して、合法的には程遠い、利己的なファトワーに基づいて独自の並行機関を拡大した。カード・アル・ハッサン金融機関の慈善ステータスは、他の金融機関への厳しい規制を免除されており、ドルの現金支払いを確実に許可する事実上唯一の機関となっている。

ヒズボラは、イラン、麻薬、およびその他の違法な出所からの相当な収入により、広範な貧困と混乱を利用して、ヒズボラの土地から遠く離れた地域の広大な領土を含む、土地、財産、および事業を取得しており、これらのコミュニティとの紛争を引き起こす可能性のある火種となっている。

ヒズボラの態度は、自分たちの条件で欲しいものを手に入れることができない場合、すべてを無期限にブロックするというものだ。ナスラッラー師とアヤトラはレバノンの完全な支配を目指しているが、現在の軌道では、特に彼らが不注意にイスラエルとの戦争を引き起こした場合、瓦礫と骨の山以外に支配するものは何も残らない。

イラン全土で大規模なデモが続いており、核問題に関する交渉が決裂し、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ新政権が対決の準備を進めている兆候を示していることで、テヘランが弱体化していることもあり、ヒズボラは一部弱体化している。しかし私は、西側の外交官の間で、イランに対する混乱した思考に今でも遭遇する。彼らはテヘランの脅威を認識しているが、共和国防衛隊をテロ組織と宣言することにしりごみし、そのことについて何かをすることに臆病になっている。

ヒズボラは、シーア派支持基盤の後援を維持する場合にのみ、傑出した政治的および準軍事的勢力として存続することができるが、この関係はかつてないほど難航している。シリアの大虐殺に着手することは、何千人もの「殉教者」と負傷した退役軍人を生み出しただけでなく、イデオロギーにあまり熱心でない新兵によって、ヒズボラがその地位を弱めることも意味した。 これらの歩兵の多くは、国境を越えた密輸に関与して大金持ちになった上司の腐敗にうんざりしていた。彼らはまた、ヒズボラが緊縮措置を課すことを余儀なくされたため、給与が大幅に削減されたのを目の当たりにした。つまり、組織は以前に比べてロイヤリティを得る能力がはるかに低くなった。

これを超えて、シーア派の市民はヒズボラの数々の虚言と約束の反故にうんざりしている。彼らはもはや、イスラエルの侵略から彼らを解放するためにヒズボラが存在するというレトリックに賛成することはない。組織は彼らを自国とその主権的地位から解放するだけだ。ヒズボラがレバノンよりもイランからの利益を優先し、その行動が政治的および経済的なメルトダウンを長続きさせる限り、グループはシーア派やその他の層からの出血のサポートを受け続ける。

ヒズボラは、レバノンの機関の崩壊を利用して、独自の並行機関を拡大した。

バリア・アラマディン

テヘランの地域代理人のあからさまな強さは、実は弱さに他ならない。イラク、レバノン、シリア、イエメン、そしてイラン国内で、イスラム共和国の工作員はむき出しの軍隊、汚職、脅迫を展開して政治の場を支配することができる。しかしそれは、彼らが元々享受していたあらゆる支援を犠牲にする。

バスラのシーア派市民が、アラビアン・ガルフカップに参加している湾岸アラブ人を熱狂的に歓迎したことは、イランの衛星国の市民がテヘランの支配から抜け出し、アラブのアイデンティティを再び受け入れることを切望していたことの一例であった。ビデオ映像はバスラの人々が、数十年ぶりに街に到着した湾岸諸国からの人々を見て喜ぶ場面を映し出している。

これらすべての国で、このようなダイナミクスがすでに発揮されている。つまり、ヒズボラ、イラクのハシュディン、イエメンのフーシ派は奇跡的に生き延びている。ホメイニストの神学は、出てきた暗い穴を這い戻らなければならない時が来ている。

金融と政治のメルトダウンから4年が経ち、レバノンがあらゆるレベルで機能できるのは奇跡であるが、日々社会は細分化し続けている。しかし、本当の奇跡は、レバノンが最終的にヒズボラから無事解放され、この耐えがたい悪夢が終わるときに訪れるだろう。

  • バリア・アラマディン氏は、中東と英国で受賞歴のあるジャーナリスト兼ブロードキャスターです。 彼女は Media Services Syndicateの編集者であり、多数の国家元首にインタビューしてきました。
特に人気
オススメ

return to top