Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 文化外交はサウジアラビアと中国の関係を強固にすることが可能である

文化外交はサウジアラビアと中国の関係を強固にすることが可能である

Short Url:
10 Dec 2022 08:12:18 GMT9
Maha Akeel
10 Dec 2022 08:12:18 GMT9

今週リヤドで開催された重要なサウジアラビア・中国首脳会談は、サウジアラビアと中国の二国間関係が、政治、経済、社会などさまざまな分野とあらゆるレベルで強固になり、発展していることを示している。

貿易や投資案件の調印が見出しを飾る一方で、文化交流プロジェクトは人と人のレベルで両国の関係を強固なものにするものであろう。

両国の関係は80年以上前にさかのぼり、単純な貿易関係から始まり、サウジアラビアは中国の巡礼者たちを受け入れ、その一部は定住したようで、メッカは常に世界各国からのイスラム教徒にとって快適な人種・文化のるつぼであった。

1990年、両国は正式な外交関係を結び、大使の交換や高官訪問、政治、経済、文化、若者、科学などの各レベルでの会議を開催した。現在サウジアラビアは、相互の利益と尊重に基づき、中国との戦略的パートナーシップを強化することに意欲を燃やしており、こうした関係は拡大しつつある。

貿易・投資への重視は、経済成長と社会発展の機会を切り開くものであり、二国間関係を構築する上で当然のことである。有名なシルクロードには歴史があり、東西の経済、文化、政治、宗教の交流を円滑にする上で中心的な役割を担ってきた。

この中国への道を通して、私たちは中国で生産される絹織物に魅了され、中国料理とお茶の味わい方を学び、磁器の美しさを理解した。中国市場は、それと引き換えにアラビアの香水や馬、ラクダを受け入れたのである。

現在、この道は中国の「一帯一路」構想として復活した貿易・投資ルートの複雑なネットワークとなっており、サウジアラビアはその重要な役割を担っており、デジタルや宇宙分野など新たな製品・技術における協力の機会をもたらしている。

観光を含めた金融・経済分野での協力が進み、文化交流の可能性も高まっている。2019年、サウジアラビア文化省は、サウジアラビアと中国の文化協力のために「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子賞」の設立を発表し、今回の習近平主席のリヤド訪問で正式に始動している。

この賞は、アラビア語や芸術の振興と、両国の相互理解を深めることを目的としている。既にサウジアラビアの大学や学校では中国語の授業が多数行われており、中国の大学44校でアラビア語が教えられていて、何百人ものサウジアラビアの大学生が中国に留学している。

サウジアラビアと中国の間には展覧会、調査、文化イベント、研究、出版などで協力する機会が多く存在する。

マハ・アキール

こうした多様な協力形態は、サウジアラビアの「ビジョン2030」と中国の「一帯一路」構想の共同目標に資するものである。

サウジアラビアと中国の文化交流には、互いの文化を知り、理解するための鍵となる言語以外にも、多くの面が存在する。

特に旅行者が現地の人々と交流しようとするとき、現地語を話すことができれば、多くのコミュニケーションの障壁を解消できるだろう。しかし、それは決して乗り越えられない障害とは考えず、人は必ずコミュニケーションの方法を見つけるものである。

中国には豊かで悠久の文明がある。アラブ人は歴史上、その魅力に惹かれ、中国を知識と知恵の集まる地と考えてきた。書籍、音楽、演劇、工芸品を通して、中国の歴史、芸術、科学の宝庫をより深く理解することができるだろう。

同様に、サウジアラビアは歴史的風土の多様性と宗教的立場の壮大さから、中国人観光客や研究者にとって魅力的な滞在先となっている。したがって、展覧会、調査、文化イベント、研究、出版などに関する協力の機会が多く存在する。

こうした新たな協力の道、特に芸術と科学の分野では、若者が重要な役割を担っている。より多くの学生の交流や古代遺跡や歴史的建造物の現地訪問を奨励し、共同プロジェクトを開発することが、両国の利益となるであろう。

また、スポーツは人々を結びつける共通の基盤であり、地元の人々に社会活動に参加させる早道でもある。そして、ファッション、デザイン、視覚芸術、ビデオゲームなど、その可能性は無限大に広がっている。

文化外交は、伝統を守り、文化的革新を促進する手段である。文化外交の目的は、その国のイメージを向上させるだけでなく、世界の舞台で自国のソフトパワーを確立することにある。サウジアラビアも中国も、文化イベントや祭典を通じてこうしたことに成功しており、お互いの経験から学び、発展させることができるだろう。

  • マハ・アキール氏はジェッダを拠点とするサウジのライター。ツイッター: @MahaAkeel1
特に人気
オススメ

return to top