Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ内閣、OPEC+諸国に一段の石油減産を要請

サウジ内閣、OPEC+諸国に一段の石油減産を要請

13 May 2020
サルマン国王はドナルド・トランプ米大統領との最近の電話会談について閣僚たちに説明した。(SPA)
サルマン国王はドナルド・トランプ米大統領との最近の電話会談について閣僚たちに説明した。(SPA)
サルマン国王はドナルド・トランプ米大統領との最近の電話会談について閣僚たちに説明した。(SPA)
サルマン国王はドナルド・トランプ米大統領との最近の電話会談について閣僚たちに説明した。(SPA)
Short Url:
Updated 15 May 2020
13 May 2020
  • 内閣はこのサウジのイニシアチブは他の各国に減産を奨励することを目的としていると述べた
  • 閣僚たちはその後、コロナウイルス危機の最新の動向に関して説明を受けた

リヤド:サウジアラビアの内閣は火曜、産油国に対し、合意された減産量を順守するだけでなく、国際石油市場の需給バランスの是正に向け一段の減産を要請した、と国営通信社SPAが報じた。

閣僚たちは、石油輸出国機構(OPEC)とロシア他のメンバー国を含むOPEC+への呼びかけを行うに当たり、サウジは国際的石油市場の安定を支えることにコミットしていると述べた。

会議の後、メディア・マジェド・アル・カサビメディア大臣代理はOPEC+協定へのコミットメントに加えて、サウジは6月の産油量をさらに日量100万バレル削減すると述べた。また顧客の同意を得て、今月追加的な削減の実現を試みると付け加えた。

内閣は、サウジのこのイニシアチブは、OPEC+協定に合意しているかどうかにかかわらず他の国々に対してその減産量を順守し、国際石油市場の安定化を支援するために生産量のさらなる削減を促すことを目的としていると述べた。

サルマン国王は、ビデオ会議を使って行われた閣議で、ドナルド・トランプ米大統領との最近の電話会談についても閣僚に説明した。国王は両国間の歴史的・戦略的関係、および地域の安全と安定を強化するための共同努力の継続へのコミットメントを確認したと述べた。

閣僚たちはその後、コロナウイルス危機の最新の動向に関して説明を受けた。これにはコロナを制御し、公衆衛生を守るために国内外で取られている措置や、 サウジでの患者数、感染患者に提供されているケア等が含まれた。また閣僚たちは、世界的な死亡率に比べて比較的少なく保つことに寄与している、国内各地で実施されている積極的なスクリーニングや検査プログラムの詳細を見直した。

内閣は、政府関係者たちがパンデミックとの戦いに費やしている努力を称賛し、国民も外国人もウイルスの拡散を防ぐために導入された予防的措置を遵守しなければならないと強調した。

閣僚たちは、サウジアラビアが6月2日にイエメンの人道危機誓約イベント2020を開催するという決定について、サウジの人道的および開発貢献の延長線上にあるもので、隣国を支援する先駆的な役割を反映したものだと述べた。

内閣はまたイラクにおける新政権の樹立を歓迎し、サウジアラビアの国家への支援姿勢に加え、関係強化および地域の安全と安定を強化するために新政権と協力する用意があることを改めて表明した。

サルマン国王はドナルド・トランプ米大統領との最近の電話会談について閣僚たちに説明した。(SPA)

サウジアラビアの内閣は火曜、産油国に対し、合意された減産量を順守するだけでなく、国際的石油市場のバランスを是正するために一段の減産を要請した。

topics
Most Popular
Recommended

return to top