Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 夏に国内旅行が解禁されるサウジアラビアでは「ステイケーション」へ

夏に国内旅行が解禁されるサウジアラビアでは「ステイケーション」へ

19 Jun 2020
アシル地域は魅力的な自然と天候に恵まれている。(提供写真)
アシル地域は魅力的な自然と天候に恵まれている。(提供写真)
Short Url:
Updated 19 Jun 2020
19 Jun 2020

アイシャ・ファリード

ジッダ:サウジアラビア人は、同国が国内観光を解禁するとの政府の発表を歓迎している。新型コロナウイルスの制限措置により、国内旅行は数ヶ月間にわたって禁止されていた。

サウジアラビアの観光大臣アーメド・アル・ハティーブは、アル・アラビーヤのニュースチャンネルに対し、同省が夏に豊富な国内観光プログラムを開始することを伝え、80%の国民が通常のように海外旅行ではなく、国内の観光地を訪問することに関心を寄せていると述べた。

「観光を再開し始めた世界のいくつかの国の指標が出ており、サウジアラビアもマッカを除き、イスラム暦の10月末(6月21日)に24時間にわたり再開します。夏のプログラムを開始する準備ができており、夏は国内観光プログラムが充実することになります。私たちはいくつかの調査を行い、回答者のうち80%が夏には国外観光の代わりに国内観光をしたいと答えました」

彼は、それが保健省および上位の委員会によって承認された後、大臣がプログラムを発表すると付け加えた。

アラブニュースは、観光の解除に合わせてステイケーションを計画しているサウジアラビア人に話を聞いた。

「私はチーム・ステイケーションです」と25歳のモハメド・アルフマディさんはアラブニュースに語る。「私は狩猟、釣り、人里離れた地域が好きな男です」

彼は、ネオムシティを含め、家族や友人と一緒に訪れる観光地をいくつか考えていたが、それより先にしなければならない出張があるため、すぐにレジャーのために旅行することはできないだろうと語った。ファティマ・サレハさんは、以前からサウジアラビア南西部のアバハを訪れることを計画していたが、同省の計画が発効したらすぐに実行するつもりだと語った。

「私は実際に南に引っ越してそこに住もうと子供たちに口うるさく言ってきましたが、彼らは決してジッダを離れることはないでしょう」と、54歳の主婦はアラブニュースに語る。「なので、せめてもとアシール州の州都アハを訪れることにしました」

アーメド・ソルールさん(29歳)もまた、「有名な自然」のために南部を訪れたいと思っていたが、地元にとどまりたいという他の理由があった。

「給料が減って、国外で休暇を取る余裕があるとは思えませんし、パンデミックのためにまだ心配しています 」と彼はアラブニュースに語った。

31歳でフライトアテンダントをしているアドナン・ジャミルさんは、絶え間なく動き回っていたため、パンデミックが起こる前にすでにさまざまな国や都市を訪れることができたと述べた。

「正直言って、私は自分の国のいくつかの都市を訪問しただけで、自分の国の全体像を把握していなかったことを恥じています」と彼はアラブニュースに語った。彼はまた、友人と一緒にサウジアラビアの地方を陸路で旅したいと述べた。

29歳のアブダン・アル・アブダン は、国内旅行も海外旅行も好きだ。彼は自宅で過ごすか海外で過ごすかの個人または家族の判断に影響を与えたいくつかの因子を引き合いに出した。その中には、娯楽性や適切なアクティビティの有無、移動性、アクセスのしやすさ、そして最も重要なコストが含まれていた。

アクティビティは容易にアクセスでき、国内または海外の観光客にとって魅力的であるためには、必要な交通手段と宿泊施設を備えている必要がある、と彼は言った。

「アクティビティのコストとそれに伴う要素は非常に重要なものであり、特に希望するアクティビティが特定の場所に固有のものではなく、他の多くのオプションを通して(他の場所で)体験できるものであればなおさらです」と彼はアラブニュースに語った。

アラブ観光大臣会議の現在のセッションを率いているアル・カティブは、アラブの観光業のセクターの8000 万人以上の従業員、またはその一部が、世界的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機の影響のために仕事を失う危険にさらされていたと述べた。

アラブ観光大臣会議は水曜日に緊急会議を開催し、パンデミックのために地域の観光部門が直面している課題や、その影響を克服し、観光部門を刺激する方法について議論した。

Most Popular
Recommended

return to top