Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 21カ所の新たなドライブスルー式検査センターがサウジの取り組みに追加される

21カ所の新たなドライブスルー式検査センターがサウジの取り組みに追加される

20 Jun 2020
サウジアラビアの新型コロナウイルス患者数は金曜日に15万人を超え、国内で新たに45名の死者が記録された。(SPA通信)
サウジアラビアの新型コロナウイルス患者数は金曜日に15万人を超え、国内で新たに45名の死者が記録された。(SPA通信)
Short Url:
Updated 21 Jun 2020
20 Jun 2020
  • 保健省が新型コロナウイルスによる1941名の重症患者数を記録し、総死者数は1184名となった。
  • 新たな感染者の4分の1はリヤドで記録された

アシール・バシュラヒール

ジッダ:保健省を支援する取り組みの一環として新型コロナウイルスの大量検査を実施すべく、サウジの健康保険会社が21カ所のドライブスルー式検査センターを設置している。 

このサービスはタウニヤ保険会社が立ち上げたもので、病院へ行かなくても済むようにサウジ全国に検査センターを設置しようとする保健省の「タアカド(確認)」という取り組みのひとつである。

タウニヤ保険会社は保健省を支援すべく21カ所のセンターの設計と建築に携わり、そのすべての費用を負担した。リヤド、ジッダ、マッカ、マディナ、アブハ、ダンマンにあるいくつかの検査センターはすでに稼働を始めている。

「保健省が実施している大量検査を進めるための活動は最重要戦略のひとつです。感染が疑われる場所で患者のモニタリングを促進できるのですから」とタウニヤCEOのアブドゥル・アジズ・アル・ボウグ氏は述べた。
「これは感染拡大を制御すべく国際的に認められた予防措置です」と彼は付け加えた。

「我々は、市民や住民を最大限に受け入れることができるよう定置型と移動式の検査センターを21カ所設置し、保健省を支援すべく当社の人的・財的資源を積極的に投入するつもりです」と彼は述べた。

ドライブスルー式検査センターは、自家用車にリラックスしながら乗ったままの状態で毎日8000名以上の訪問者を検査することができ、1日当たり最大2万件の検査が可能だ。各センターにはドライブスルーの車線が10本から14本設置されており、特別な介助が必要な人々や高齢者のための専用車線も用意されている。

検査が終了し次第、車も設備も新たな訪問者に備えて消毒される。

このサービスを利用するには「セハティ」アプリを通して予約し、詳細情報を得るには937に電話してほしいとタウニヤのCEOは述べた。

いっぽうで、サウジ国内では金曜日に新型コロナ関連の新たな死者45名が記録され、総死者数は1184名となった。

サウジアラビアの新たな感染者は4301名が記録され、これまでに15万292名が罹患したことになる。現在発症中の患者は5万3344名で、1941名が重症だ。

保健省によれば、新たに記録された感染者のうち1091名がリヤド、384名がジッダ、305名がマッカだったという。

回復者は1849名で、サウジアラビアの総回復者数はこれで9万5764名になったと同省は発表した。

サウジアラビアではこれまでに122万4289名が新型コロナウイルスの検査を受けている。

topics
Most Popular
Recommended

return to top