Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 住宅市場の成長を促進するサウジアラビアのデジタル変革

住宅市場の成長を促進するサウジアラビアのデジタル変革

住宅部門の変革は国内総生産を押し上げた。  (Shutterstock)
住宅部門の変革は国内総生産を押し上げた。 (Shutterstock)
Short Url:
08 Oct 2020 06:10:06 GMT9
08 Oct 2020 06:10:06 GMT9
  • 50万人近くのサウジアラビア人が住宅省が導入した構想の恩恵を受け、現在25万人を超える市民が持ち家を所有している。

モハメッド・アル・スラミ

ジェッダ:政府関係者によれば、サウジビジョン2030の一部である住宅構想は、サウジアラビアの不動産市場の発展に大きく寄与しているが、それだけが成長促進に役立った要因ではないという。

住宅大臣で、地方自治体・農村担当大臣代理を務めるマジッド・アル・ハジャル氏は、国のデジタル変革がサウジアラビア国民の生活に著しい影響を与え、以前は省庁や政府機関を訪問する必要があった仕事や取引をオンラインで実行できるようになったと語った。住宅に関しては、電子プラットフォームにより住宅購入手続きが大幅に簡素化されたと同氏は言う。

同大臣によれば、住宅部門の変革が、不動産分野への地元の参加レベルを引き上げることにより、国内総生産を押し上げ、国民経済を強化したという。同省の統計によると、サウジ国民の持ち家率は62%に達しており、賃貸住宅に住む家族の数は35%に減少している。

「住宅計画は、サウジのビジョン2030計画の1つで、初めての家を所有できるようにするための資金調達と住宅ソリューションおよびオプションを通じて、家族の安定と幸福に貢献しています」と彼は言う。「さらに、電子プラットフォームとアプリケーションの使用により、簡単な手順で家族の持ち家所有に拍車をかけています。」

アル・ハジャル氏によると、同省は以前は毎年2万人の住宅購入者に融資していたが、現在は毎月2万人に融資しているという。同氏は、サウジアラビア通貨庁が、不動産購入に必要な最低頭金を購入価格の30%からわずか10%に引き下げることにより、持ち家率の成長に大きな役割を果たしたと語った。

50万人近くのサウジアラビア人が住宅省が導入した構想の恩恵を受けているという。同氏によれば、現在、25万人を超える市民が持ち家を所有しており、月に42,000人が、サウジアラビア中の人々が住宅オプションと資金調達ソリューションを探すのを支援する住宅省と不動産開発基金が提供するオンラインサービスであるSakaniを使用しているという。さらに、住宅プロジェクトのインフラストラクチャ開発に14億サウジ・リヤル(3億7,300万ドル)が計上されている。

アル・ハジャル氏はまた、最も貧窮している家族を支援することを目的とした住宅計画を強調し、同省がNGOと協力して、110億サウジ・リヤル相当の契約を通じて24,000戸の住宅を提供したと語った。

「最も貧しい家族は、まともな生活を確保するための適切な住宅で支援されてきました」と同氏は言う。「さらに、市民のためになり、不動産部門への投資の魅力を高め、民間部門での持続可能なパートナーシップの範囲を拡大するために効率的に機能する統合された住宅システムが構築されています。」

特に人気
オススメ

return to top