Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア観光省とG20事務局がホスピタリティサミットを開催

サウジアラビア観光省とG20事務局がホスピタリティサミットを開催

2020年1月31日、サウジアラビアのアル・ウラにあるマダイン・サーレハ遺跡のカスル・アル・ファリド墳墓を訪れる観光客。(ロイター通信)
2020年1月31日、サウジアラビアのアル・ウラにあるマダイン・サーレハ遺跡のカスル・アル・ファリド墳墓を訪れる観光客。(ロイター通信)
Short Url:
12 Oct 2020 03:10:35 GMT9
12 Oct 2020 03:10:35 GMT9
  • このイベントは、コロナウイルスが流行する中、業界が一堂に会する刺激的で重要なプラットフォームを提供し、ウイルスの流行が世界的にも地域的にも観光にどのような影響を与えているかを議論することを目的としている

Hala Tashkandi

リヤド:ホスピタリティ業界の世界的リーダーのためのオンライン会議が、サウジアラビアの観光省とG20事務局によって今月末に開催される。

このイベントは、国際会議プログラムの一部であり、サウジアラビアと世界のホスピタリティ業界が直面している大きな構想や課題に取り組むための場所となっている。

イベントは10月26日と27日に開催され、100人以上の業界関係者と世界中から数千人の参加者が集まる。

このデジタルイベントプラットフォームでは、オンライン展示会、1対1のビデオ通話、統合されたチャット機能など、没入感のあるライブ体験が得られる。

注目の発言者には次のような人がいる。マリオット・インターナショナル社長兼CEOのアーン・ソレンソン氏、カーニバル・コーポレーション社長兼CEOのアーノルド・W・ドナルド氏、世界旅行ツーリズム協議会CEO兼社長のグロリア・ゲバラ・マンゾ氏、ディルイーヤゲート開発局(Diriyah Gate Development Authority)CEOのジェリー・インゼリロ氏。

このイベントは、コロナウイルスが流行する中、業界が一堂に会する刺激的で重要なプラットフォームを提供し、ウイルスの流行が世界的にも地域的にも観光にどのような影響を与えているかを議論することを目的としている。

発言者は、中東や世界のホスピタリティの未来を議論し、再考することになる。

また、パンデミック後の世界に対応し、起業家や改革を支援し、世界経済と環境にとって持続可能であり、将来この産業で働く人にとって魅力的な産業を参加者が作れるよう支援することを目的としている。

サミットの主催者は、参加者のために、新しい状況の理解、提携と機会の評価、業界の未来を作り直すための改革に焦点を当てたライブ・プログラム・セッションを用意した。

このイベントでは、来場者とその場にいる別の意思決定者との間で簡単なビデオ通話を行い、オンラインで名刺交換ができる「ネットワーキング・エリア」も設置される。

また、個別の業界の話題について、より焦点を絞った交流や議論ができる円卓会議が設けられ、マルチスクリーンのライブビデオ会談に参加して、ビジネスアイデアや業界知識を交換することができる。

興味のある業界関係者は、http://www.futurehospitalitysummit.comから参加の手続きができる。

特に人気
オススメ

return to top