Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イギリスの通商イベント、ビジョン2030がもたらす「大きなチャンス」強調

イギリスの通商イベント、ビジョン2030がもたらす「大きなチャンス」強調

サウジアラビアのタブック州に建設が予定されているNEOMのイラスト。(Courtesy Neom.com)
サウジアラビアのタブック州に建設が予定されているNEOMのイラスト。(Courtesy Neom.com)
Short Url:
28 Oct 2020 01:10:47 GMT9
28 Oct 2020 01:10:47 GMT9
  • 改革計画により、サウジアラビア王国(KSA)は世界競争力ランキングで急上昇している
  • 副総領事「イギリス企業は、サウジアラビアで刺激的なチャンスをもっとたくさん見つけようと意欲的だ」

クリストファー・ハミル-スチュワート

ロンドン:イギリスの国際貿易省(DIT)主催の10月27日のイベント講演者たちによると、ビジョン2030開発計画の一環として実施されているサウジの経済・社会改革は、王国を世界の最も競争力のある国の1つに生まれ変わらせるために役立っているという。

湾岸協力会議の加盟国は、「イギリスの非常に重要な貿易パートナーですが…その中でも、サウジアラビアはとても重要な国です」と、王国イギリス大使館のチャド・ウッドワード貿易投資局長は、サウジの2020年インフラウィークの一環として主催されたオンラインイベントで述べ、アラブニュースもこのイベントに参加していた。

サウジアラビアは「ビジョン2030開発計画の一環として、国家変革プログラム進めているので、同国には大きなチャンスがあります」と、ウッドワード貿易投資局長が付け加えた。

「NEOM、紅海プロジェクトなどといった巨大プロジェクトは「大いに刺激的で」あり、新たな投資先を探しているイギリスの投資家たちに、王国がそのチャンスを提供できる典型的な例だ、とウッドワード総局長は語った。

ジェッダのイギリス領事館の副総領事で、DITを率いているサイモン・ケリー氏は、イギリス企業が王国への投資に「大いに関心が」を持っており、こうした巨大プロジェクトが重要な鍵を握る部分だ、とこのイベントの後、アラブニュースに語った。

「イギリス企業は、紅海プロジェクト、Amaala、ディルイーヤゲート、Qiddiya、そして勿論NEOMなど、サウジアラビアで刺激的なチャンスをもっとたくさん見つけようと意欲的です」と、ケリー副総領事が語った。

2030開発計画目標達成において、両国が協力していく道が開かれる可能性をケリー副総領事は強調し、イギリスは広範な分野にわたって、サウジアラビアを支援していく上で特に適した立場にあると語った。

ビジョン2030の一環として実施されている経済・社会変革は、王国を世界の最も競争力のある国の1つに生まれ変わらせるために役立っている、とサウジ投資省のアブドゥルアジズ・アルギフェリ北ヨーロッパ国際事務局長は語った。

「サウジアラビアはかつて石油とガスに依存した国でしたが、今や同国は急速に自国の経済を多様化させ、新部門に参入しています。この変革は若く教育を受けた人々に支えられており、彼らは非常に優秀で意欲的な労働力となっています」と、アルギフェリ事務局長は付け加えた。

「サウジアラビアへの投資環境は競争力を増し続けています。世界銀行はビジネス環境の現状2020で、サウジアラビアが世界で最もビジネス環境が改善された国に指定され、国際経営開発研究所による世界競争力で、今や24位となっています」

100パーセント外資企業数社の承認、会社登録許可申請に要する時間の大幅縮小、王国で事業を開始する外国企業に要求される書類数の削減などの経済改革は、世界競争力のランキングを急上昇させた変革のほんの1部だ、とアルギフェリ事務局長は語った。

とりわけ、中東と北アフリカで最大の金融市場、サウジの金融業務に秀でた能力は、自国の経済を前進させる上で役立ってきている、と同事務局長が付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top