Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアが民間企業で働く外国人向けの労働改革を発表

サウジアラビアが民間企業で働く外国人向けの労働改革を発表

サウジアラビアは、この新しいイニシアチブが、国内市場の発展や仕事の柔軟性など、いくつかの経済効果をもたらすことを期待している。(Shutterstock)
サウジアラビアは、この新しいイニシアチブが、国内市場の発展や仕事の柔軟性など、いくつかの経済効果をもたらすことを期待している。(Shutterstock)
Short Url:
04 Nov 2020 11:11:37 GMT9
04 Nov 2020 11:11:37 GMT9
  • 労働改革イニシアチブは、サウジアラビアにおける魅力的な雇用市場の確立を目指している
  • 新改革は2021年3月14日に施行される

アラブニュース

ドバイ:サウジアラビアの人材・社会開発省は木曜日、転職の可能性を含む外国人の雇用に関する一連の労働改革を発表した。

労働改革イニシアチブは、国内に魅力的な雇用市場を確立することを目的とした取り組みの中で、労働者と雇用者の間の契約関係を改善することを目指している。 

外国人労働者に適用されるこの新しいイニシアチブは、転職を可能にし、出国・再入国ビザの発行を規定する。

同省は、2021年3月14日に発効するこのイニシアチブが、サウジアラビアの労働環境の効率を改善・向上させると述べた。 

サウジアラビアはこれまでにも、賃金保護制度、労働契約書のデジタル文書化、労働教育・意識向上イニシアチブ、労働紛争解決のための「Wedy」の開始といった類似の取り組みを導入してきた。 

同省によると、新しい改革は労働市場の柔軟性・有効性・競争力、そして国際的慣行における魅力を高め、優秀な人材を引き付けることを目的としているという。 

新たなイニシアチブの下では、雇用主は雇用契約書をデジタル化して文書化することが求められることになる。同省は、これによりサウジアラビア人労働者と外国人労働者の間の格差が縮まるとしている。 

「従業員の流動性」

この改革により、外国人労働者は現在の雇用主の同意を必要とせずに、労働契約が満了した後に別の雇用主の下で働くことが可能になる。このイニシアチブはまた、通知期間と特定の措置が順守されていることを前提とし、契約の有効期間中に適用される条件についても概説している。

出国・再入国ビザの改革では、外国人労働者が申請書を提出した後、雇用主の承認なしにサウジアラビア国外への渡航が可能になる。

一方、最終出国ビザ改革では、雇用契約終了後に外国人労働者が雇用主の同意なしにサウジアラビアを出国することができるようになる。ただし、雇用主には外国人労働者が出国したことが電子的に通知される。

雇用契約を破棄した者は、雇用契約に関連した金銭的またはその他すべての結果の責任を負わなければならない、と同省は概説した。 

すべてのサービスは、同省のスマートフォンアプリ(Absher)とポータルサイト(Qiwa)を通じて一般の人が利用できるようになる。 

サウジアラビアは、この新しいイニシアチブが、国内市場の発展や仕事の柔軟性の向上、高いスキルを持つ人材を引き付ける民間部門の生産性の向上、そして最終的には国家変革計画を通じたビジョン2030の目標達成に貢献するなど、いくつかの経済効果をもたらすことを期待している。

特に人気
オススメ

return to top