Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ内閣、フーシ派の攻撃とテロ事件を非難

サウジ内閣、フーシ派の攻撃とテロ事件を非難

火曜日のテレビ閣議で、議長を務めるサルマン国王。(SPA)
火曜日のテレビ閣議で、議長を務めるサルマン国王。(SPA)
Short Url:
18 Nov 2020 09:11:02 GMT9
18 Nov 2020 09:11:02 GMT9

アラブニュース

リヤド:サウジアラビア内閣は火曜日、イランが支援するイエメンのフーシ派によるサウジ攻撃を非難した。

閣僚はまた、ジェッダの墓地および在オランダ・サウジアラビア大使館で最近起こったテロ攻撃も非難した。

火曜日の閣議で、閣僚はサルマン国王就任6周年を祝った。

テレビ会議形式で開かれた閣議の冒頭で、サルマン国王は、ハリーファ・ビン・サルマン・アール・ハリーファ首相の死去に対し、バーレーンのハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ国王とバーレーン国民に心から哀悼の意を表した。

国王はまた、ムハンマド・ブハリ・ナイジェリア大統領と国王の間で行われた電話会談についても討議した。会談では、両国の二国間関係について話し合われた。

閣僚はサルマン国王治世下でのサウジアラビアの繁栄と発展、成長を祝した。

マジッド・ビン・アブドゥッラー・アール・カサビ情報大臣は、サウジ諮問評議会がイラン支援のフーシ派民兵に対する非難を新たにしたと述べた。サウジアラビアの民間人を標的としてブービートラップが仕掛けられた無人機を発射し、国際法に違反したとする。

閣僚は、ジェッダの墓地攻撃や在オランダ・サウジアラビア大使館の発砲事件を含む、あらゆる形態のテロ行為に対し、非難の意を表明した.

特に人気
オススメ

return to top