Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアでCOVID-19を収束させるには、予防手段の継続が重要

サウジアラビアでCOVID-19を収束させるには、予防手段の継続が重要

火曜日に322件の新しい症例が報告された。(SPA)
火曜日に322件の新しい症例が報告された。(SPA)
Short Url:
17 Feb 2021 04:02:25 GMT9
17 Feb 2021 04:02:25 GMT9
  • サウジアラビア、COVID-19関連の死亡者3人を追加報告

モハメッド・アル・キナニ

ジェッダ:サウジアラビアの保健当局者は、基本的な健康上の注意事項-マスクの着用、社会的距離の確保、集会の制限-が維持されれば、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは1~2年内に終息し、正常な生活に戻れるだろうと予測を述べた。

「すべての健康上の規則が守られれば、ウイルスが突然変異して、望ましくない方向に感染力が強まったりしなければ、通常の状態に戻るには、おそらく最長2年で済むだろう」と、アブドゥラ・ムファリ・アシリ博士、予防保健担当、保険省大臣補佐は述べている。「これが私の個人的な見解である」

しかし、COVID-19に関するこれまでの多くの予測は、ウイルスの性質や科学的研究の不十分さから、信頼できないことが証明されたことも強調した。

ロタナ・カリジャTVチャンネルの番組「フィー・アソウラ」に出演したアシリは、次のように語った:「このウイルスに関するすべてが、予期しないことばかりだった。ウイルスの性質、広がり方、人間の免疫システムがどのように抵抗するのか、すべてが漠然としていた」

しかし、今後の発展については、彼は楽観的な見方を示した。

「侵襲性はあるが攻撃性が低くなると、インフルエンザの原因となる、同じウイルス科の他のコロナウイルスのようになる。そうなれば、ウイルスは旅行や交通機関、世界の健康状態に影響を与えるものではなくなる。これにより、病院や医療センターへの圧力が軽減される」とアシリは述べている。

アシリは、人々は保健当局の指示に従うべきであり、特にフェイスマスクの着用、社会的距離を保つこと、集団集会を避けることを指摘した。「他の健康上の制限や対策の必要性については、ウイルスがどれだけ活発性を維持するかにかかっている」

最近のブルームバーグの記事では、パンデミックが収まる予測として、約7年後としている。しかし、アシリは、この計算は、世界中に行き渡るだけの十分なワクチンを生産する現在の能力に基づいていると述べた。

「ワクチンの生産量は今後数ヶ月で倍増すると信じている」とアシリは述べた。

生徒たちが学校に通って、実際の教室授業に戻れるかについては、アシリは「まだ状況は明らかになっていない」と述べた。

「通学問題はまだ継続的なリスク評価が必要であろう。今あるデータでは、18歳以上の70%の人がワクチンを接種しないと、集団免疫が達成されたかどうかは分からない」とアシリは付け加えて述べた。「今はまだはっきりしていない。来学期の開始までに、2,800万人という、とてつもなく多くの人々にワクチンを接種しなければならないというプレッシャーにさらされている」

保健省は火曜日に322人の新規症例を報告したが、これで総計373,368人がこの病気に感染したことを意味する。このうち、2,630人がまだ罹患し、うち480人が重体である。

サウジアラビアは、更にCOVID-19関連の死者が3人増えたことを公表し、同国の死者数は6,441人となった。

同省によると、新たに症例が記録されたのはリヤドで151件、東部州で55件、マッカで39件、マディーナで13件である。

また、371人の患者が回復し、回復者数合計は36万4,297人となった。

特に人気
オススメ

return to top