Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ皇太子、イラクのアル=カーズィミー首相と会談

サウジ皇太子、イラクのアル=カーズィミー首相と会談

この会談により、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイラクのアル=カーズィミー首相の間でいくつかの協定が締結された。(SPA)
この会談により、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイラクのアル=カーズィミー首相の間でいくつかの協定が締結された。(SPA)
この会談により、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイラクのアル=カーズィミー首相の間でいくつかの協定が締結された。(SPA)
この会談により、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイラクのアル=カーズィミー首相の間でいくつかの協定が締結された。(SPA)
この会談により、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイラクのアル=カーズィミー首相の間でいくつかの協定が締結された。(SPA)
この会談により、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイラクのアル=カーズィミー首相の間でいくつかの協定が締結された。(SPA)
リヤドのキング・ハーリド国際空港に到着したイラクのムスタファ・アル=カーズィミー首相。(SPA)
リヤドのキング・ハーリド国際空港に到着したイラクのムスタファ・アル=カーズィミー首相。(SPA)
Short Url:
01 Apr 2021 11:04:59 GMT9
01 Apr 2021 11:04:59 GMT9
  • 両首脳は安全保障上の懸念について意見を交換し、過激主義とテロリズムに対する共闘の継続を合意した
  • この会談で、30億米ドル相当のサウジ‐イラク共同基金の設立など、いくつかの協定が締結された

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子とイラクのムスタファ・アル=カーズィミー首相が、水曜日に両国の協力関係の促進について会談した。

サルマン国王の招きにより、イラクのアル=カーズィミー首相は、リヤドのキング・ハーリド国際空港に到着した。

イラク首相の降機時には、21発の礼砲が歓迎の意を表するために発射され、サウジのジェット機がイラク国旗を上空に描いた。

両国の国歌が演奏され、アル=カーズィミー首相が儀礼兵を閲兵した。サウジアラビアの政府関係者、閣僚、軍幹部らが、歓迎レセプションに出席した。

サルマン皇太子は、首相と随行のフアード・フセイン外相や財務、内務、石油、住宅建設の各大臣らから成る公式代表団を歓迎した。

サウジ皇太子とイラク首相は、その後、車列を連ねてサウジ王公邸のヤマーマ宮殿へと向かった。

会談で、両者は、「中東地域と世界の安全と安定を支え、強化することに役立つ形で、サウジアラビアとイラクが強い関心を持つ地域と世界の問題について意見交換を行った」との、共同声明が出された。

先週の、サウジアラビアとイラクの関係の緊密化とサウジ‐イラク協調審議会の活動の強化の重要性を確認したアル=カーズィミー首相とサルマン国王のビデオ通話の成果を、双方とも高く評価した。

多様な分野、特に政治、安全保障、軍事、商業、投資、文化、観光の領域での協力の拡大努力を継続すると皇太子と首相は述べた。

両首脳は、また、過激主義とテロリズムに対する共闘についても意見が一致した。イラクからのダーイシュの残党の一掃のために、イラク政府と有志連合への支援の継続をサウジアラビア側は言明した。両首脳は、両国間の国境の安全を図る協力体制の重要性についても合意した。

両国政府は、イラクの経済分野への投資を促進により両国が経済的利益を得られることを企図するサウジアラビアからの30億米ドル相当の拠出金により、サウジ‐イラク共同基金を設立するとの合意に至った。

電力相互接続事業の完了と、OPEC+協定の枠内で国際的石油市場の安定を図るための石油部門での協力の促進についても両国は合意した。

イラク側は、国家再建においての協力と新型コロナ禍対応での支援について、サウジアラビアに謝意を表した。イラク政府は、また、最近発表され、近々開始予定のサウジ・グリーン・イニシアチブと中東グリーン・イニシアチブを高く評価し、これらの取り組みにおいてサウジアラビアを支援する用意があると述べた。

二重課税の回避、経済の多様化や民間部門の発展のための開発計画分野での協力、サウジアラビアからの輸出のための資金調達などの内容を盛り込んだ二国間協定が締結された。

イラク・メディア・ネットワークとサウジ放送機構も協定を結び、文化交流領域での協力が合意に至った。

その後、アル=カーズィミー首相は、ムハンマド皇太子に案内されて、ディルイーヤのツライフ地区を訪れた。

到着に先立って、アル=カーズィミー首相は、今回の訪問は「兄弟のような二国間の卓越した関係を強化し、そして、我々を結びつける共通の基盤に基づいて、両国民に資し、安定化に役立ち、構築と融合の価値に献身し、中東地域のこの二国間の友愛的協力の展望を確立することを目的としています」と述べていた。

サウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外相は、別途、イラクのフセイン外相と会談し、二国間の関係と各分野での協力関係をいかに強化するかについて意見を交換した。

サウジアラビアのムハンマド・アール・ジャドアーン財務相は、イラクのアリ・アラウィ財務相と会談し、両国間の関係について再確認して、両国が共有する利益について意見を交換した。

住宅建設や農業についても両国の担当閣僚が、サウジ‐イラク協調審議会の枠組み内で、会談を行った。

リヤド州知事ファイサル・ビン・バンダル・ビン・アブドルアジーズ王子を初めとする政府関係者たちに見送られて、アル=カーズィミー首相 (左) は、キング・ハーリド国際空港から帰国の途に着いた。(SPA)

(SPA)

アル=カーズィミー首相は、また、サウジのハーリド・ビン・アブドゥルアジーズ・アール・ファーレフ投資相や諮問評議会のアジラン・アル・アジラン議長、実業家とも会合し、サウジ民間部門からのイラクに対する投資の強化について意見を交換した。

アル=カーズィミー首相は、事業者にとっての障害を排除することにより投資機会を拡充することを確約した。

アール・ファーレフ投資相は、アル=カーズィミー首相に、サルマン国王の政府は「サウジ民間部門のイラクへの投資を支援することを躊躇無く継続」すると確言した。

いくつもの会談を慌しく終え、アル=カーズィミー首相は、サウジアラビアの首都を離れ、リヤド州知事ファイサル・ビン・バンダル・ビン・アブドルアジーズ王子を初めとする政府関係者たちに見送られて、キング・ハーリド国際空港から帰国の途に着いた。

特に人気
オススメ

return to top