Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ外相:イスラエルとの国交正常化は中東に「多大な利益」をもたらすと発言Prince

サウジ外相:イスラエルとの国交正常化は中東に「多大な利益」をもたらすと発言Prince

ファイサル・ビン・ファルハン王子は、CNNのインタビューで、サウジアラビアとイスラエルの国交を正常化する合意は、それがどのようなかたちであれ、中東に利益をもたらすと述べた。(ロイター通信/ファイル写真)
ファイサル・ビン・ファルハン王子は、CNNのインタビューで、サウジアラビアとイスラエルの国交を正常化する合意は、それがどのようなかたちであれ、中東に利益をもたらすと述べた。(ロイター通信/ファイル写真)
Short Url:
03 Apr 2021 04:04:12 GMT9
03 Apr 2021 04:04:12 GMT9
  • ファイサル王子はどのような合意であれ、イスラエルとパレスチナの和平に向けた取り組みの進展が前提であると付け加えた

アラブニュース

ロンドン:サウジアラビアとイスラエルの国交の正常化に向けた合意は、中東に利益をもたらすが、イスラエル人とパレスチナ人の間の和平プロセスの進展が前提であると、サウジアラビア王国の外務大臣は木曜日に述べた。

ファイサル・ビン・ファルハン王子は、CNNとのインタビューで、「イスラエルと中東の関係が正常化すれば、地域全体に多大な利益をもたらします」と述べた。また「経済的にも社会的にも、そして安全保障の観点からも、非常に有益なことです」と述べた。

しかし外務大臣は、どのような合意であれ、イスラエルとパレスチナの和平が進展し、パレスチナが1967年の国境に基づき主権国家としての地位を与えられることが前提であると付け加えた。

「和平プロセスの進展に大きく左右されるので、すぐに(合意が)実現できるかどうかはわかりません」とファイサル王子は語った。「もちろん、国交正常化に向けた交渉はアラブ平和計画というかたちで、2002年から行われています。さらにそれ以前にも、1982年に英国が提示したフェズ・イニシアティブがあります。パレスチナ問題の正当な解決と引き換えに、イスラエルとの十分かつ完全な関係正常化を図るという案です」

「中東地域の正常化は、パレスチナ人の処遇をめぐる問題に取り組み、パレスチナ人に尊厳と権利を保障するために、1967年に決められた境界線内にパレスチナ国家を実現することができて初めて成功するものです。そのための道筋を見つけることができれば、イスラエルを含むすべての人々が協力して、より安全で、より繁栄した地域を実現できるでしょう」と続けた。

またファイサル・ビン・ファルハン王子は、CNNのベッキー・アンダーソン氏とのインタビューで、イスラエルのイスラム教徒がマッカへの巡礼を行う可能性について言及した(スクリーンショット/CNN)

イスラエルのイスラム教徒がマッカに巡礼する可能性について聞かれたファイサル王子は、イスラエルとパレスチナの和平プロセスの進展にもよると答えた。

「まだ合意に達していませんが、先ほど申し上げたように、イスラエル・パレスチナ問題に進展があれば、イスラム教徒だけでなく、あらゆる信仰を持つイスラエル国民を王国に迎え入れることができるでしょう」と述べた。

UAEとバーレーンは、ドナルド・トランプ米大統領(当時)の仲介により、ワシントンで署名された「アブラハム合意」の一環として、昨年9月にイスラエルとの国交正常化協定を締結した。

これらの国は、1979年のエジプト、1994年のヨルダン以来、イスラエルとの国交を正常化した最初のアラブ諸国となった。その後、スーダンとモロッコも同様に国交を正常化している。

2月、ファイサル皇太子はアラブ連盟の外相に対し、サウジアラビアはパレスチナ国家の樹立に引き続き努力すると同時に、パレスチナ人に寄り添い、解決に向けたあらゆる取り組みを支持すると述べた。

特に人気
オススメ

return to top