Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアが化学兵器監視機関の執行理事国に再選出される

サウジアラビアが化学兵器監視機関の執行理事国に再選出される

化学兵器禁止機関(OPCW)が、第25回締約国会議をオランダのハーグで開催した。(ツイッター/@OPCW)
化学兵器禁止機関(OPCW)が、第25回締約国会議をオランダのハーグで開催した。(ツイッター/@OPCW)
オランダのハーグにある化学兵器禁止機関(OPCW)の本部。(資料写真/ロイター通信)
オランダのハーグにある化学兵器禁止機関(OPCW)の本部。(資料写真/ロイター通信)
Short Url:
21 Apr 2021 02:04:09 GMT9
21 Apr 2021 02:04:09 GMT9
  • OPCWは化学兵器禁止条約の実施を監督している
  • 王国は1997年より同機関のメンバー

アラブニュース

ロンドン:サウジアラビアが、2023年までの任期で、化学兵器禁止機関(OPCW)のアジア部門の執行理事会理事国に再選された。

これは、20日、オランダのハーグで開かれた、化学兵器禁止条約(CWC)の実施を監督する第25回締約国会議の中での出来事だ。

サウジアラビアの駐オランダ大使であり、OPCWの王国の常駐代表であるジヤド・アル・アティーヤ氏は、同国の再選を支持した国々に感謝の意を表明し、これはサルマン国王とムハンマド・ビン・サルマン皇太子のリーダーシップのもとでのサウジアラビアの地位を反映したものであると述べました。

王国は、CWCの実施を強化するために、他の理事国と協力していくことを楽しみにしていると、大使は述べた。

アル・アティーヤ氏は、大量破壊兵器の禁止とその拡散防止に向けた取り組みの一環として、協力を強化し、中東がこのような兵器のない地域となり、国際的な平和と安全保障を強化することを同国が望んでいることを確認した

また、王国の化学工業部門は地域最大級で、着実に成長していることから、執行理事会の理事国の中では、この分野における先進国の1つとなっていると、大使は付け加えた。

サウジアラビアは、1997年の創設以来、OPCWの主要機関である理事会の理事国となってきた。理事国は、5つの地域を代表する41カ国で構成されており、1回につき2年間の任期が与えられる。

特に人気
オススメ

return to top