Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 社会的慣習がサウジアラビアにおける新型コロナウイルス新規感染者数の増加の一因と社会学者が指摘

社会的慣習がサウジアラビアにおける新型コロナウイルス新規感染者数の増加の一因と社会学者が指摘

多くの人は規律を守り、指示に従う。(提供)
多くの人は規律を守り、指示に従う。(提供)
Short Url:
24 Apr 2021 08:04:42 GMT9
24 Apr 2021 08:04:42 GMT9

 

  • 多くの人は規律を守り、指示に従うが、コロナ禍が長期化したことにより、一部の人が感染予防措置を怠った可能性がある。Soaad Al-Aali

Mohammed Al-Kinani 

ジッダ:トップクラスの社会学者は、サウジアラビア国民や国内の外国人は、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の感染拡大を防ぐための厳格な安全衛生上の規制を遵守ことよりも、社会的慣習を優先させてはならないと、警告している。

国内の新規感染者数が1日あたり1,000人を超えたことを受けて、ジッダ在住のSoaad Al-Aali氏はアラブニュースに対し、「社会的な催しを開催したいという誘惑が、結果的に不必要な死を招く可能性がある」と指摘した。

1月には、サウジアラビアにおける1日あたりの新規感染者数は100人近くまで減少したものの、大半の国民が感染予防策を講じている一方で、社会的な慣習により、安全衛生上の規則に違反する人もいるとされている。

「サウジの人々は、サウジアラビアの歴史上初となる本格的な危機を経験しています。サウジアラビアの人々は、伝統的にプライベートな催しや集まりを好む傾向があるにもかかわらず、自国への愛情から全員とは言わないまでも、大半の人々が関係保健当局からの指示に対し、素晴らしい対応を取ります」と付け加えました。

しかし、ルールを無視する少数派の人は必ずいるという。「ルールを無視する少数派の人々は、ほぼすべての社会に存在しています。多くの人は規律を守り、指示に従いますが、コロナ禍が長期化したことにより、一部の人が、感染予防措置を怠った可能性があります。」


また、新型コロナウイルスのワクチン接種が国内で実施されたことにより、ウイルスを拡散することはないという誤った安心感を持つ人が出てきたのではないか、とAl-Aali氏は加えた。

「ワクチン接種が実施されたことで、人々はコロナ禍が近いうちに過去のものとなるという期待を抱いたことでしょう」と述べ、油断してしまうと、新型コロナウイルスによる死者が増える可能性があると指摘した。

多くの人は規律を守り、指示に従うが、コロナ禍が長期化したことにより、一部の人が、感染予防措置を怠った可能性がある。

Soaad Al-Aali

ジッダでは、公共の公園や海辺、店を訪れる人たちが安全衛生上の規則を遵守しているかどうかを確認するため、当局が市内各地で現地視察を行っている。

自治体のツイッターアカウントによると、地方自治体の担当チームが4,049件のチェックを実施し、露店で販売されていた30トンの野菜や出所不明の食品を押収した。

また、337回の現地視察を行った結果、週末海辺を訪れた行楽者の間で、38件の感染予防措置違反があったことが判明した。自治体は声明の中で、社会的距離の取り方、公共の場での集まり、マスク着用などのルールが守られているかどうかを確認するための取り組みを強化し、今後も取り組みを継続していくと述べた。

「これらの取り組みは、自治体が保有する器具や機材を活用して、公園を定期的に清掃し、座席やゴミ箱、子どもの遊び場などを消毒する計画の一環として実施されています。」

また、自治体の声明によると、新型コロナウイルスの安全衛生上の規則に違反している疑いがある場合は、940番に通報することができるとしている。

特に人気
オススメ

return to top