Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • キング・アブドルアジーズ財団、継続中の闘争に連帯し、パレスチナのドキュメンタリーを公開

キング・アブドルアジーズ財団、継続中の闘争に連帯し、パレスチナのドキュメンタリーを公開

この映画は、サウジ軍が塹壕を急襲しイスラエル軍と戦ったイスラエルでの闘いの詳細を含んでいる。(スクリーンショット)
この映画は、サウジ軍が塹壕を急襲しイスラエル軍と戦ったイスラエルでの闘いの詳細を含んでいる。(スクリーンショット)
この映画は、サウジ軍が塹壕を急襲しイスラエル軍と戦ったイスラエルでの闘いの詳細を含んでいる。(スクリーンショット)
この映画は、サウジ軍が塹壕を急襲しイスラエル軍と戦ったイスラエルでの闘いの詳細を含んでいる。(スクリーンショット)
Short Url:
06 Jun 2021 12:06:21 GMT9
06 Jun 2021 12:06:21 GMT9
  • この映画は、パレスチナ人の運動の重要性とアル・アクサモスクの神聖を守ることに対するサウジアラビアの熱意を表している

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアのキング・アブドルアジーズ研究・記録財団が、パレスチナ地域における闘争に連帯し、映画を公開した。

「パレスチナ…消されなかったともし火」は、財団の全ソーシャルメディア・プラットフォームで今週放送された。

この映画は4部からなり、パレスチナ人の運動の重要性と、アル・アクサモスクの神聖をイスラエルの冒涜と攻撃から守ることに対するサウジアラビア王国、国王と国民の熱意を表しており、パレスチナ人が自らの土地を解放しそこに威厳をもって平和に住む権利を持つことを支持している。

国営サウジ通信に出された声明は、サウジアラビアとパレスチナの歴史的な結びつきについて、「アブドルアジーズ国王は、パレスチナ人の傷と彼らに対する攻撃について声を上げるために王国の地位を利用し、アラブ・イスラム世界にとって根源的なこの問題を解決する必要性について、米国やヨーロッパの大統領や高官たちと会談をもった」と言及している。

この映画は、サウジ軍が塹壕を急襲しイスラエル軍と戦ったイスラエルでの闘いの詳細を含み、1948年のアラブ軍とイスラエル軍の戦争に参戦したサウジ兵士たちの録画会話をとりあげている。

第1部は、サウジのアブドルアジーズ国王のこの運動に対する関心の発端、アラブ政治の中心である問題に対する国王の献身と忠誠、イスラエル軍との戦いににおいてアラブ諸国軍とともに軍に参加するよう国王が志願兵と正規兵を促したことを記録している。志願兵たちは、パレスチナ、イスラム教徒としての義務、そしてイスラエル軍を追い払う戦争に参加するサウジ国民の信念を表現したと、国営サウジ通信は述べた。

この映画に含まれる記録のなかには、サウジ軍の進軍とパレスチナの都市への到着についてのニュースを含む官報「ウムアルクラ」の第1面のコピーが含まれている。サウジ軍の指揮官サイード・アール・クルディが、1948年の戦争に参戦する軍の戦略計画について兵士たちに説明している写真も出てくる。

第1部には、メッカでアブドルアジーズ国王が軍隊の創立初期にその軍人たちを閲兵している写真も含まれ、国王の隣にはサウード・ビン・アブドルアジーズ皇太子と軍の指揮官たちが写っている。

続いて放送される他の3つの部は、キング・アブドルアジーズ財団が所蔵するさらに多くの文書、音声、写真、映像資料が使われ、パレスチナとの強い外交的・軍事的・経済的結びつきをとりあげている。

特に人気
オススメ

return to top