Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ、イタリア、インドネシア、コロンビアが国連でG20腐敗対策会合を開催

サウジ、イタリア、インドネシア、コロンビアが国連でG20腐敗対策会合を開催

初の国連総会汚職対策特別会議は、サウジアラビアが発表した新たな国際ネットワークの発足を歓迎した。(資料/UNODC)
初の国連総会汚職対策特別会議は、サウジアラビアが発表した新たな国際ネットワークの発足を歓迎した。(資料/UNODC)
Short Url:
06 Jun 2021 03:06:44 GMT9
06 Jun 2021 03:06:44 GMT9
  • サウジアラビアは、世界の腐敗防止機関が情報を交換するための国際ネットワークの構築を目的とする「リヤド・イニシアティブ」を立ち上げた

アラブニュース

ロンドン:サウジアラビアは金曜日、腐敗対策問題を議題として2日間にわたりニューヨークで開催された国連総会特別会議に合わせて、特別会議と同じ議題を扱う対策会合を開催した。サウジ通信(SPA)が土曜日に伝えた。

国連サウジ政府常駐代表部が、イタリア、インドネシア、コロンビアの代表部、および国連薬物犯罪事務所と協力し、「腐敗との闘いにおけるリーダーシップとG20:その目的と成果」と題する会合を開催した。

サウジアラビアは水曜日に「リヤド・イニシアティブ」を立ち上げた。これは、世界の腐敗防止機関が情報を交換するための国際的な活動ネットワーク構築を目的とするもので、国連加盟国およびアントニオ・グテーレス事務局長はこれを歓迎している。

金曜日の会合では、リヤド・イニシアティブ発足の重要性について話し合った。リヤド・イニシアティブは、腐敗と闘い公正性と透明性を実行するために、昨年サウジアラビアが持ち回りの議長国を務めたG20会議から生まれた課題に取り組む枠組み。

会合には、イタリアの国際腐敗防止対策調整官アルフレド・デュランテ・マンゴーニ氏、サウジ監視腐敗対策局の国際協力担当責任者ナセル・アバ・アル・カイル氏、国連サウジ政府常駐代表部法務委員長ニダ・アブ・アリ氏が出席した。

特に人気
オススメ

return to top