Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジとアラブ首長国連邦が航空安全強化のための覚書を締結

サウジとアラブ首長国連邦が航空安全強化のための覚書を締結

セイフ・ビン・ムハンマド・アル・スウェイディGCAA長官(左)とアブドルアジーズ・ビン・アブドッラー・アル・ドワイルジGACA長官(右)。(資料/SPA)
セイフ・ビン・ムハンマド・アル・スウェイディGCAA長官(左)とアブドルアジーズ・ビン・アブドッラー・アル・ドワイルジGACA長官(右)。(資料/SPA)
この覚書は、行政、組織、運営、技術などの分野の近代化への貢献を目的としている。(資料/SPA)
この覚書は、行政、組織、運営、技術などの分野の近代化への貢献を目的としている。(資料/SPA)
Short Url:
16 Jun 2021 11:06:34 GMT9
16 Jun 2021 11:06:34 GMT9
  • この覚書には民間航空安全インフラの開発を始めとするいくつかの分野が含まれている

アラブニュース

リヤド:サウジ民間航空総局(GACA)の局長が火曜日にリヤドで、航空安全における二国間協力を強化すべく、アラブ首長国連邦民間航空総局(GCAA)長官との間で覚書を交わした。国営サウジ通信(SPA)が報じた。

この覚書は、民間航空安全インフラの開発を始めとするいくつかの分野を含むもので、両国のソフトウェアシステムのベストプラクティスを適用し、両国間の有資格技術チームを活用していくことになる。

サウジのアブドルアジーズ・ビン・アブドッラー・アル・ドワイルジGACA長官とアラブ首長国連邦のセイフ・ビン・ムハンマド・アル・スウェイディGCAA長官は、この覚書が行政、組織、運営、技術などの分野の近代化に貢献することを期待している。

特に人気
オススメ

return to top