Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアの廃棄物との戦い。2035年までに新しい廃棄物管理システムを構築

サウジアラビアの廃棄物との戦い。2035年までに新しい廃棄物管理システムを構築

サウジアラビアの廃棄物との戦い。2035年までに1億600万トンを処理する新しい廃棄物管理システムを構築
サウジアラビアの廃棄物との戦い。2035年までに1億600万トンを処理する新しい廃棄物管理システムを構築
国立廃棄物管理センター(MWAN)CEO アブドラ・ファイサル・アル・シバイ博士
国立廃棄物管理センター(MWAN)CEO アブドラ・ファイサル・アル・シバイ博士
Short Url:
01 Sep 2021 06:09:58 GMT9
01 Sep 2021 06:09:58 GMT9
  • サウジ・インベストメント・リサイクリング社は、GCC最大の産業廃棄物管理会社であり、有害廃棄物の収集、保管、輸送、処理、安全な処分を行うための完全に統合されたプラットフォームを有する
  • 新システムには規制の枠組みが含まれており、廃棄物管理料が一般市民に課せられる可能性がある

モハメド・アル・キナニ

ジェッダ: 急速な工業化、大幅な人口増加、加速する都市化により、廃棄物や汚染が増加、2035年までに1億600万トン以上の廃棄物を処理することが予想されるサウジアラビアにとって、廃棄物管理は必要不可欠なものとなっている。

サウジアラビアは、国民と環境に対する責任を維持しつつ、3,400万人以上の人口を抱える国内のリサイクルと廃棄物管理を改善するための本格的な対策を講じている。
先日、サウジアラビア内閣は、サウジアラビアにおける規制・法律の枠組みの統一に貢献する廃棄物管理システムを承認した。このシステムの詳細は2ヶ月以内に発表される予定で、一定の廃棄物管理料が国民に課されるかどうかも明らかになる。

アラブニュースの取材に対し、国家廃棄物管理センター(MWAN)のアブドラ・ファイサル・アル・シバイCEOは、廃棄物管理の改善とともに、環境全般を保護・保全するというサウジアラビアの「ビジョン2030」に基づいた目標を掲げている。

「サウジ・ビジョン2030では、廃棄物管理の効率を高め、あらゆる種類の汚染を減少させることで、汚染の削減に取り組むことが強調されています」と述べている。「そのため、私たちは廃棄物リサイクルのための統合プロジェクトを立ち上げています」

また、アル・シバイ氏は、廃棄物管理部門が2035年までに国内総生産に貢献する額は、年間約1,200億リヤル(約320億ドル)と推定されると述べた。

「廃棄物管理部門は、同年までに77,000人の雇用機会を生み出すことが期待されています」と述べている。

投資を活性化し、民間企業の参加を最大限に引き出すことは、センターの戦略的目標のひとつであり、同時にこのセクターの経済的持続可能性を高めることにもつながると、アル・シバイ氏は述べる。

2021年の固形廃棄物による環境悪化が引き起こす損失は13億ドルと見積もられているとCEOは語る。

「サウジアラビアでは毎年約5,300万トンの廃棄物が排出されていますが、このような量は土壌汚染や地下水の汚染を確実に増加させます」とアル・シバイ氏は述べている。「それに加えて、野生生物や国内の海水や海岸の環境にも影響を与えます」。

アル・シバイ氏は、リサイクル可能な廃棄物に関する処理の質、リサイクルできない廃棄物の最適な処理方法を強調、2035年までに全種類の廃棄物の35%をリサイクルするという目標に向けて取り組んでいると語った。

「『サウジ・ビジョン2030』では、廃棄物管理の効率を高め、あらゆる種類の汚染を減少させることで、汚染の削減に取り組むことが強調されています。そのため、私たちは廃棄物リサイクルのための統合プロジェクトを立ち上げています」

国家廃棄物管理センターCEOのアブドラ・ファイサル・アル・シバイ氏

「リサイクルできない廃棄物については、廃棄物固形燃料化(派生燃料)の生産やエネルギーの生産を通して処理しています」と語った。

アル・シバイ氏は、有機廃棄物は堆肥化され、「安全に処理できない廃棄物は埋立地に送られます」と説明。

「放射性廃棄物については、当センターの業務ではありません。同センターは、放射性廃棄物と軍事用廃棄物を除くすべての種類の廃棄物を管理しています」と述べた。

国家廃棄物管理センターのウェブサイトによると、同センターは1億600万トンの廃棄物を処理するために、約1,329の処理施設と埋立地が必要になると見積もっている。

同センターは、廃棄物の輸出入、収集、輸送、選別、処理、最終処分などの活動を組織している。また、環境保護と公衆衛生の向上のために、廃棄物処理場の運用状況の監督も行っています。

また、同センターは、放射性物質を除くすべての廃棄物の管理システムへの投資を奨励・促進している。また、システムへの投資機会を創出し、財政的な持続可能性を達成するために、廃棄物管理の資金調達に関するさまざまなモデルを研究している。

さらにMWANは、センターが関与する廃棄物管理活動に関連するすべてのサービスプロバイダー、事業所、投資家、施設にライセンスを発行する。 また、リサイクル施設に対しては、必要な要件をすべて満たした上で、所轄官庁からライセンスが発行される前に許可を与えている。

また、MWANは、システムで働く技術スタッフのパフォーマンスレベルを上げ、能力を高めるためのトレーニングプログラムを提供している。

さらにMWANは、大学や研究センター、機関と連携しながら、総合的な廃棄物管理の分野での研究やイノベーションを奨励している。

昨年11月、サウジアラビアの環境・水・農業省とMWANは、固形廃棄物管理分野における新たなソリューションと投資を模索するために協力。

ハーリド・アル・ファーリハ投資大臣は、急速な工業化と都市開発に伴い、サウジアラビアでは年間の固形廃棄物の排出量が増加し、この分野でのビジネスチャンスが拡大するだろうと述べている。

アル・ファーリハ大臣は、「本日の協定締結が意味する範囲と、そこから生まれる投資機会の規模を想像するために、初期の推定では(年間)5,300万トンの廃棄物が王国から排出されていることを知っておく必要があります」と述べた。

大臣は、今回の合意は、「廃棄物管理分野への投資を誘致し、発展させる」という同省の関心を裏付けるものであり、また、MWANとの戦略的協力関係を強化し、投資家がこの分野で直面する障害の除去に取り組むことができると述べた。

サウジアラビアが議長を務めるG20では、持続可能性を促進するために、同国の牽引の元、投資の循環、炭素循環型経済、NEOM(サウジアラビアのスマートシティプロジェクト)のグリーン水素プラントなど、いくつかのプロジェクトが開始されている。

アル・ファリハ氏は、「地球の保護」がG20議長国としての中心的なテーマであることから、王国は持続可能性の面で世界に追いつくために努力しており、近いうちにそのための基準を設けるだろうと述べた。

投資省の廃棄物管理担当ディレクターであるハサン・アル・スルタン氏は、廃棄物全体の半分近くが、リヤドから21%、ジェッダから14%、ダンマムから8%というように、王国の3つの主要都市から排出されていると述べている。

サウジ・インベストメント・リサイクリング社(SIRC)の元CEOであるイェルーン・ヴィンセント氏によると、現在、国内の廃棄物のほとんどが「非常に安い価格」で埋め立てられており、その平均価格は1トンあたり1.87ドルだという。

同氏は、投資を促進するために、民間企業と規制当局が一体となって「この埋め立てを阻止する」ことを提案した。

サウジ・インベストメント・リサイクリング社は、湾岸協力理事会(GCC)最大の産業廃棄物管理会社であり、産業界で発生する収集、保管、輸送、処理、安全な処分を行うための完全に統合されたプラットフォームを持ち、最高レベルの循環型経済を実現している。

SIRCの2035年の目標によると、サウジアラビアの廃棄物部門は、リサイクルと処理によって産業用有害廃棄物の85%を埋立処分から転換させることを目指している。

また、建設・解体廃棄物の60%を埋立処分から転換させ、12%をリサイクル、35%を再利用、13%を処理することを目標としている。

さらに、都市固形廃棄物の81%をリサイクル、19%を処理してエネルギー源として利用(廃棄物発電)することで、100%埋め立て地からの転換を図る計画だ。

これらの計画により、SIRCは2035年の廃棄物管理国家規制フレームワークで設定された野心的な目標の達成を目指している。この目標には、1,300万トンの二酸化炭素の削減、16億ドルの外国直接投資の誘致、2万3,000人の雇用機会の創出、国のGDPへの99億ドルの貢献などが含まれている。

特に人気
オススメ

return to top