Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 迎撃されたフーシ派のドローンの破片でアブハー空港の職員4名が負傷

迎撃されたフーシ派のドローンの破片でアブハー空港の職員4名が負傷

木曜日、連合軍はアブハー国際空港での負傷者発生を報告した。(AN写真、サレ・アルギナム撮影)
木曜日、連合軍はアブハー国際空港での負傷者発生を報告した。(AN写真、サレ・アルギナム撮影)
Short Url:
07 Oct 2021 03:10:44 GMT9
07 Oct 2021 03:10:44 GMT9
  • 連合軍の戦闘機はイエメンにあるフーシ派のドローン発射基地を破壊

アラブニュース

リヤド:サウジアラビア南部のアブハー国際空港でフーシ派のドローンが迎撃され、4人が軽傷を負ったとイエメンの合法政府を支援するアラブ連合は木曜日の早い時間に発表した。

サウジ国営テレビ「アルイフバリヤ」が報じた声明の中で連合軍は、破壊された無人航空機から落下した破片によって、空港正面のガラスが一部粉砕され、複数の空港職員が負傷したと述べた。

この声明によると、攻撃に対応する戦闘機が、イエメン北西部サアダ県のドローン発射基地をすぐに破壊した。

アルイフバリヤ・テレビは、空港の機能が一時停止したものの、その後正常に戻ったと報じた。

連合軍は今回の攻撃について、イランと連携するイエメンのフーシ派を非難した。

「民間空港であるアブハー空港で、民間人を標的としたフーシ派による今回の試みは戦争犯罪である」と、国営テレビは連合軍の発表を用した。

アブハー空港は、隣接する都市ハミース・ムシャイトとともに、サウジアラビアがアラブ諸国の連合軍を率いて、イエメン合法政府によるイラン支援のフーシ派との戦いを支援して以来、過去数年にわたってフーシ派のドローンとミサイル攻撃を繰り返し受けてきた。

今回のドローン攻撃は、「サウジアラビアに対して差し迫った敵対行為を実行するために」フーシ派がイエメン北部のアルジョーフで準備していたドローン2機の破壊を連合軍の戦闘機が報告した数時間後に起こった。

水曜日の早い時間には、連合軍はイエメン西部フダイダ県にある拠点を標的とした作戦で、ブービートラップが仕掛けられた3隻のボートを破壊した。

伝えられるところによると、このボートは攻撃の実行用に準備されており、その場所はボートの組み立てと武装に使用された。

topics
特に人気
オススメ

return to top