Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サルマン国王障害研究センター、ボーイング社が障害啓発プログラムを開始

サルマン国王障害研究センター、ボーイング社が障害啓発プログラムを開始

個人や家族を対象とした「スルタン・ビン・サルマン王子教育・啓発プログラム」の立ち上げに参加したKSCDR評議員会理事長のスルタン・ビン・サルマン王子とボーイング・インターナショナル社のマイケル・アーサー社長。
個人や家族を対象とした「スルタン・ビン・サルマン王子教育・啓発プログラム」の立ち上げに参加したKSCDR評議員会理事長のスルタン・ビン・サルマン王子とボーイング・インターナショナル社のマイケル・アーサー社長。
Short Url:
19 Oct 2021 04:10:41 GMT9
19 Oct 2021 04:10:41 GMT9
  • テクノロジーと教育で障害のある人々を社会に送り出す

ラシード・ハッサン

リヤド:サルマン国王障害研究センター(KSCDR)は、ボーイング社とのパートナーシップにより、障害を抱えて生きる個人、家族、学校の仲間、職場の同僚、配偶者などを対象とした「スルタン・ビン・サルマン王子教育・啓発プログラム」を木曜日に開始した。

このセンターは、障害に対処し、原因を特定し、早期発見と介入を可能にし、研究を利用して予防、治療、リハビリテーションを支援し、障害者の苦しみを軽減し、状況を改善するための最良の科学的アプリとプログラムの確立を基本としている。

冒頭、同センターの評議員会理事長であるスルタン王子は、ボーイング・インターナショナル社のマイケル・アーサー社長と、ボーイング・サウジアラビア社のアフメド・ジャザール社長をはじめとする一行を歓迎した。

アーサー氏は、2011年に始まったボーイング社と同センターとのパートナーシップが、本プログラムの開始を機に花開くことへの喜びを語った。

スルタン王子は次のように述べた。「このプログラムは、教育機関、職場、公共施設などを問わず、障害のカテゴリーごとに専門的な内容を提供し、障害の種類やその原因、その対処法、障害者と社会を繋ぐ方法などを地域の人々に教えることにより、地域を啓発・教育することを目的としています」

ボーイング社が同センターと連携してプログラムを実施することについて、スルタン王子はアラブニュースに次のように語った。「ボーイング社はここ数年来、当センターのパートナーであり、今回のプログラムは一連のプログラムの延長線上にあります。今回のプログラムはより啓発を目的としたものですが、今後も多くのプログラムが予定されています。ボーイング社は当センターが誇るパートナーであり、今後もパートナーシップをさらに強化していきたいと考えています」

スルタン王子はこうも述べた。「教育や啓発といった大きな目標を達成するためには、我々をサポートしてくれるボーイング社のようなパートナーの存在は非常に重要です。本日、私たちの関係を確固たるものにし、前進させることを発表できることは大きな名誉であります」

アーサー氏は、サウジアラビアのビジョンと、持続可能で明るい未来のために同国が現在開発・実施している様々なプログラムに対するボーイング社のコミットメントを確認した。

「今日我々が目の当たりにしているのは、サウジアラビアの指導者が障害の研究や教育に対する意識を高めるために行っている素晴らしい取り組みです」とアーサー氏はアラブニュースに語った。「このプログラムは同国のコミュニティーにとって非常に有益なものであり、このような影響力のあるプログラムでKSCDRと提携できることを誇りに思います」

「ボーイング社は76年以上にわたり、サウジアラビアのパートナーであり、当社の拠点がある地域のコミュニティーと密接に協力したいと考えています。障害は社会の課題であり、障害のある人々を社会のメインストリームに送り出すために、テクノロジー面での貢献や教育啓発面での協力ができれば、素晴らしいことだと思っています。私たちは、このプログラムの将来をとても楽しみにしています」

イベントの最後には、スルタン王子が自身とセンターのスタッフを代表して、アーサー氏に記念品を贈呈した。

特に人気
オススメ

return to top