Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 新型コロナがサウジアラビアの教育に与えた影響

新型コロナがサウジアラビアの教育に与えた影響

サウジアラビアではMadrasati(マイスクール)のようなプラットフォームが設立され、ビデオ、チュートリアル、ノートなどを通して教育を促進し、子供たちもすぐに適応した。(Shutterstock)
サウジアラビアではMadrasati(マイスクール)のようなプラットフォームが設立され、ビデオ、チュートリアル、ノートなどを通して教育を促進し、子供たちもすぐに適応した。(Shutterstock)
Short Url:
20 Nov 2021 07:11:51 GMT9
20 Nov 2021 07:11:51 GMT9
  • 親、教師と生徒が、新型コロナウィルスの流行が子どもたちの教育に与えた影響について議論

アミーラ・アビド

ジェッダ:新型コロナ流行開始から18ヶ月以上経った今も、世界中の子どもたちが普段の教育と社会生活に生じた混乱による課題に直面し続けている。

親、教師、教育機関と政府は若い世代の健康を最優先して対応しており、世界子供の日にその成果が祝われた。世界子供の日は1954年から毎年11月20日に開催されている。

今年のテーマは「全ての子供たちにより良い未来を」であり、専門家によると子供たちの心と体の健康へ長期的な影響を及ぼす恐れのあるパンデミックによる教育の中断や機会の減少からの回復を焦点にしている。

サウジアラビアの教師ハッシャー・カリッド 氏(33歳)はアラブニュースに、自宅で教育を受けているため集中しにくいこと、また子供たちに集中させるために教師たちがいつもよりもっと努力が必要だったことなど、パンデミックで子供たちをめぐる課題がますます複雑になったと話した。

もう一つは課題は親の関わり方だ。カリッド氏によると、多くの子供たちが学校の勉強に親の助けを借りており、必要以上に他者に依存してしまった。彼はまた、対面でやり取りできないことが子供たちの学力にも影響していると考えている。

「親が子供に良い成績を求めるのは分かりますが、そのことが学力に悪影響を与えていると感じます。教職スタッフ側が再び子供たちの成績を上げなければならず、それが我々は一番心配です」とカーリドは話した。

10月には、サウジの教育省が小学校を無期限で休校とし、多くの生徒、親と教師がオンライン授業に戻ることになった。

ジェッダで2人の若い娘を育てているパキスタン人の母親アスマ・カーンさんは、自宅学習は母親として最も大変な試練の一つだったと話した。

「娘はとても活発で学校では様々なスポーツをやっていました。オンライン学習は大変でした。私は彼女を一つの場所に座らせてオンラインに集中させなければならなくて、宿題だけでなく、学校の勉強、放課後活動や家事もしなくてはならないので仕事が倍になりました」とカーンさんは話した。

政府機関で働き、6歳の子を持つ35歳のラフィーフ・モハメッドさんも同様の経験をしていた。彼女は娘のやる気を保つ努力が必要だったという。

「体を動かしたり、オンラインの勉強をしたり、家でできることをして、私はそれほどアイディアが湧く方ではないのですが、ともかく最善を尽くしました。でも、それでも足りませんでした。彼女はあまり活動的でなく、落ち込んでいる時が多かったです。本当に疲れました」とモハンマドは言う。

始め、彼女はできるだけ娘が勉強して暗記する方法を探そうとした。しかし次第にあきらめるようになったという。「娘もできる限り頑張っているから、教育課程におけるこの大きな変化の中で彼女なりに頑張ったことを誇りに思います。できるだけやったのですから」

しかし母親たちは口々に、子供たちが在宅学習に慣れてしまったので再び学校に通うのは難しいだろうと話した。

「この状況に慣れさせてしまったので、再び他の生徒や先生たちと対面する教室に戻るのは非常に難しいでしょう」とモハンマドさんは話した。

カーンさんはある程度の規律を保とうと努力し、準備段階を援助しテストや試験を監視はしたが、勉強は手伝っていないという。「それが問題になることは分かっていたので、私に頼る(勉強を手助けしてもらう)という選択肢は与えませんでした」と彼女は説明する。

モハメッドさんは、授業の前に準備をして、学校にまた通えるようになるまでに自立するよう促したという。同様に、カーンさんは授業時間中に邪魔が入らないよう配慮し、本人がきちんと自分で管理できるよう促しているという。

世界中で多くの政府や教育機関が、子供たちがこの状況下でも素晴らしい教育を受けられるように努力を惜しまなかった。サウジアラビアも例外ではない。

Madrasati(マイスクール)のようなプラッフォームが設立され、ビデオ、チュートリアル、ノートなどを通して教育を促進し、子供たちもすぐに適応した。11歳の6年生マジャ・ アルサベアさんはアラブニュースに、普通の授業よりオンライン授業が好きだと言ったが「学校に行って毎日友達に会いたい」とも話した。

特に人気
オススメ

return to top