Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアのヤンブーがユネスコの「学習都市に関するグローバルネットワーク」に加盟

サウジアラビアのヤンブーがユネスコの「学習都市に関するグローバルネットワーク」に加盟

ヤンブー工業都市は、紅海最大の港と世界第4位の原油精製所がある、サウジアラビア最大級の工業都市だ。(SPA)
ヤンブー工業都市は、紅海最大の港と世界第4位の原油精製所がある、サウジアラビア最大級の工業都市だ。(SPA)
Short Url:
04 Sep 2022 03:09:11 GMT9
04 Sep 2022 03:09:11 GMT9
  • ヤンブー工業都市の加入により、持続可能な開発における同市の地位が高まるだろう

モハメド・アル・キナニ

ジェッダ:ヤンブー工業都市の、住民の生涯学習への取り組みが、国連の最高文化機関から評価された。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は先日、ヤンブー工業都市がユネスコの「学習都市に関するグローバルネットワーク」に加盟したことを発表した。

「(学習都市は)生涯を通じて学習する文化を育み、学習の質と卓越性を高める。そして、あらゆる部門の資源を効果的に動員し、基礎教育から高等教育まで、包括的な学習を促進する」とユネスコは説明している。

ヤンブー工業都市は、紅海最大の港と世界第4位の原油精製所がある、サウジアラビア最大級の工業都市だ。

教育への優れた取り組みが評価され、サウジアラビアの都市がユネスコから承認されるのはヤンブーで2例目だ。

2020年9月にはジュベイル工業都市が、住民の生涯学習への取り組みと、包括的で安全でレジリエントで持続可能な開発を促進する政策の導入が評価され、ユネスコに承認された。

ヤンブー王立委員会のファハド・ビン・ダイファラ・アル・クラシCEOは今回の承認について次のようにコメントした。「学習都市のコンセプトの採用・適用は、ヤンブー工業都市の地位を高め、持続可能な開発と経済的・文化的・社会的繁栄を支えるだろう、と私たちは考えている」

「学習都市に関するグローバルネットワーク」には世界の294都市が参加し、互いにインスピレーションやノウハウ、ベストプラクティスを共有している。

ユネスコのオードレ・アズレ事務局長は、世界人口の半分以上が都市部で暮らしていると話した。「都市には、地域のイニシアティブを実施・支援し、ボトムアップの変化をもたらすことによって生涯学習政策を推進する力がある」とアズレ氏はユネスコのホームページで主張している。

44カ国の77都市がユネスコの「学習都市に関するグローバルネットワーク」に参加している。16都市はアフリカ、9都市はアラブ諸国、13都市はその他のアジア・太平洋地域、26都市は欧州と北米、残りの13都市はラテンアメリカとカリブ海地域にある。

 

特に人気
オススメ

return to top