Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアは、イスラエルがアル・アクサを襲撃した後、パレスチナへの支援を再開:OIC特使

サウジアラビアは、イスラエルがアル・アクサを襲撃した後、パレスチナへの支援を再開:OIC特使

(AFP)
(AFP)
Short Url:
12 Jan 2023 03:01:02 GMT9
12 Jan 2023 03:01:02 GMT9

アラブニュース

ジェッダ:サウジアラビアは水曜日、パレスチナ人に対する同王国の支援は、パレスチナの大義の重要性に対する深い信念に由来していると確認した、とイスラム協力機構(OIC)の常任代表は述べた。

サレハ・アル・スハイバニ博士は、「この大義はOICの活動の主要な柱であり、その利益の重要な軸であり、その確固たる信念、良心、アラブとイスラム国家への帰属によって決定される義務感を表している」と述べたと、サウジ通信は伝えた。

彼は、「紛争を終結させ、地域全体の安定性を高めるための国際的な取り組みを強化し、残念ながら正当な権利を取得することに依然として苦しんでいるパレスチナの人々を支援する」必要性に対する同王国の呼びかけを繰り返した。

彼のコメントは、パレスチナとヨルダンの代表団の要請により、現在のOIC首脳会議議長国であり、執行委員会の議長国であるサウジアラビアとの調整と協議のもと開催された、イスラエルのアル・アクサ・モスクへの攻撃について議論するために、火曜日にジェッダで開かれた自由形式での執行委員会の臨時会議の中で述べられたものである。

OICのヒセイン・ブラヒム・タハ事務総長の出席のもと、会議の議長も務めたアル・スハイバニ氏は、「数日前にアル・クドゥス・アル・シャリフで起きた、イスラエルの過激派による祝福のアル・アクサ・モスクへの襲撃事件については、その特徴がどうであれ、20年前にイスラエルの高官が同じことを行った出来事と切り離して見ることはできない 」と述べた。

彼は、これが第二次パレスチナ・インティファーダの勃発に続く何百人ものパレスチナ人の殺害につながったと述べ、このような危険な展開は、国際社会が地域紛争や対立を避けるために、現在の状況を迅速に解決する必要があると強調した。

「イスラエル占領当局は、アル・アクサ・モスクの歴史的・法的現状を変更しないよう警告しており、一方、同王国はアル・アクサ・モスクの完全な保護を提供し、そこへの深刻な侵害と挑発を食い止める必要性について確固たる立場を確認しています」とアル・スハイバニ氏は述べた。

「サウジアラビアは、エルサレム市内で行っている挑発的な政策や行為、その人々や聖域に対する攻撃に関する結果や反響について、これらの当局に全責任を負わせます。

それは、最終的に国際平和の努力を損ない、宗教的聖域を尊重するという国際的原則や規範に反するからです。」と、彼は述べた。

アル・スハイバニ氏は、パレスチナの問題に対する同王国の取り組みを強調し、この問題がアラブ・イスラム諸国にとって中心的な問題であり、同王国がパレスチナ国民を全面的に支持していることを繰り返した。

彼は、「これらの露骨な攻撃は、何百万人ものイスラム教徒に対する挑発であり、地域全体の紛争、過激主義、不安定性を煽り、関連する国際決議への明白な違反です。」と述べた。

アル・スハイバニ氏は、エルサレムを首都とする独立国家の樹立を可能にする方法で、パレスチナ問題の公正かつ包括的な解決に向けたすべての努力を支援するための同王国の絶え間ない努力を指摘した。

サウジアラビア王国は国際社会に対し、パレスチナの人々のための正義を実現するため、直ちに行動を起こし、イスラエルにこうした挑発的な行為を止めさせるよう呼びかけた。

 

特に人気
オススメ

return to top