Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ウィアム・アル・サイディ:中東におけるアニメシリーズ吹き替えのパイオニア

ウィアム・アル・サイディ:中東におけるアニメシリーズ吹き替えのパイオニア

中東におけるアラビア語アニメの吹き替えの先駆者と言われるレバノンの映画監督・プロデューサー、ウィアム・アル・サイディ(提供写真)
中東におけるアラビア語アニメの吹き替えの先駆者と言われるレバノンの映画監督・プロデューサー、ウィアム・アル・サイディ(提供写真)
Short Url:
21 Oct 2020 04:10:39 GMT9
21 Oct 2020 04:10:39 GMT9

アミン・アッバース  

日本のアニメは40年以上前から中東を中心に世界的に人気が高まっており、テレビブームの1970年代初頭に人気を博し、現在に至るまで続いている。

アラビアンナイト、シンドバッドの冒険、マヤ、ミツバチ、アストロガンガー、マンガ猿飛佐助、UFOロボットグレンダイザーなど、中東におけるアラビア語アニメの吹き替えの先駆者と言われているレバノン人映画監督・プロデューサーのウィアム・アル・サイディ。は、『アラビアンナイト』『シンドバッドの冒険』『みつばちマーヤの冒険』『アストロガンガー』『まんが猿飛佐助』『UFOロボ グレンダイザー』といった名作アニメシリーズなど、中東におけるアラビア語アニメの吹き替え監督のパイオニアと言われている。

アラブニュースへの独占取材によると、アル・サイディは1970年代半ばからアニメやカートゥーンのアラビア語吹き替えの監督を始めたという。

「日本のアニメや英語のアニメのアラビア語吹き替えは、1970年代初頭のレバノンのテレビにとって新しい種類のプロジェクトで、私はそれを行うことにとても前向きで、情熱を持っていました。初期のプロジェクトでは、『シンドバッドの冒険』、『みつばちマーヤの冒険』、『アストロガンガー』などの作品に取り組み、中でも『UFOロボ グレンダイザー』では、ジャマル・アブドゥル・ネイザーのような過去の偉大なアラビアの指導者に似た英雄的なキャラクターに自分自身を投影したい子供やすべての年齢層の人々の興味を引き寄せました」と彼は語る。

「グレンダイザーは、罪のない弱い人々を悪から守るヒーローのような存在でした」と、彼はそのようなキャラクターたちが、地球や生命全般を守ることの大切さという崇高なメッセージを共有していることを強調した。

アル・サイディは、当時としては新しくユニークなプロジェクトであった日本のアニメのアラビア語吹き替えに最初に取り組んだ人物の一人であるという。「特に子供にとって、インターネットやその他の高度なテクノロジーが発達した新時代に情報共有が急速に広まっているのと比べると、世界中の異文化に関する情報や知識を広め、共有するという概念は、当時はテレビ、ラジオ、新聞、印刷物に限られていました」

彼は続けて「日本は私たちにとって新しい文化であり、だからこそ、日本文化のような外国の文化を、インタラクティブでシンプルな方法で中東地域に伝えたいと思ったのです」と、子供たちの興味を引く方法を強調した。

「アニメシリーズのアラビア語吹き替えのプロセスの最初のステップは、日本語からアラビア語への翻訳でしたが、当時は日本語とアラビア語に精通した翻訳者がいたので、台詞の台本を書くのに大変助かりました」と彼はアラブニュースジャパンに語った。

彼によると、当時のアラビア語での番組の吹き替えは、今と比べて疲れるし、終わるまでに時間がかかりすぎていたという。

彼は「私たちは、翻訳と台詞の草稿を16mmテープで仕上げた後、声の録音をしていました」とし、ナレーションオーバーは通常、ワヒド・ジャラル、ジハード・アル・アトラッシュ、アルヴィラ・ユニス、サミラ・アル・バロウディのような才能ある俳優によって行われたと付け加えた。

「俳優たちは全員、1つの部屋に複数のマイクを持って座っていました。役柄やシーンのタイミングに合わせて録音していました。もし彼らのうちの一人がミスをしてしまった場合は、もう一度録音をやり直さなければならず、そのために1つのエピソードの録音セッションは1つのエピソードにつき9~10時間かかっていました」と彼は伝えた。

その後、シーンやBGM、効果音などと同期させて収録する必要があり、完成までに約3~4日かかるという。

アラビア語吹き替えの日本のアニメは非常に需要が高く、アラビア語のテレビ局(1970年代後半には非常に限られていた)は、これらの番組を自分たちのチャンネルで放送してほしいと要望していた。

アラビア語吹き替えのアニメシリーズは大きな支持を得ており、ファン、特に子供たちは好きなキャラクターのブランドグッズを身につけて番組の宣伝をした。また、アル・サイディによると、新聞も番組を大きく報道していたという。

アニメシリーズとアニメのアラビア語吹き替えの違いについて、アル・サイディは次のように述べる。「昔の番組は、友情、罪のない人々を守ること、悪と戦うことについての重要で貴重な教訓を取り上げ、子供たちにとって有益なものでした」

彼はまた、アラビア語の視聴者に有意義な体験を提供するために、インタラクティブな方法でアラビア語を使用することを強調した。

日本での初放送から今年で45周年を迎える『UFOロボ グレンダイザー』。中東地域を中心に多くのファンを持つことから、アラビア語吹き替えの日本アニメの中でも最も人気のあるシリーズの一つとされていた。

UFOロボ グレンダイザー (Twitter/@ToeiAnimation)

アル・サイディは、グレンダイザーがどのようにして中東に持ち込まれたのかをアラブニュースジャパンに伝えた。

彼は次のように語った。「故ニコラス・アブ・サマは私の親愛なる友人であり、日本のアニメを中東地域に持ち込んだ最初の人物でした」

アブ・サマは70年代半ばに自身の会社(フィルマリ)を設立し、中東初の吹き替え会社として認められた。アブ・サマはサイディの子供向け番組への情熱を知っていたため、『UFOロボ グレンダイザー』をはじめとする日本の名作アニメのアラビア語吹き替えの監督プロジェクトを引き渡した。

サイディはまた、ヒロイズム、勇気、感動、そして愛国心の価値観を特徴としており、そのすべてが大衆に魅力的であったため、グレンダイザーが中東地域に大きな影響を与えたことを強調した。

UFOロボ グレンダイザー (Twitter/@colonydrop)

グレンダイザーの成功の一端を担ったアル・サイディは次のように語った。「日本の名作アニメシリーズのアラビア語吹き替えの監督を初めて担当したことをとても嬉しく、誇りに思っています。とりわけグレンダイザーは、中東地域の視聴者のための新しい種類のエンターテイメントとして、若い子供から大人まで誰もが非常に満足し、興奮していました」

吹き替え番組の監督に興味を持っている他の人たちへのアドバイスとして、サイディは、エンターテインメントに伴う倫理的責任に対する意識を維持し、将来の世代を教育するように努力することが重要であると語った。さらに、視聴者の心に残る印象を与えるキャラクターを構築すべきである点を強調した。

特に人気
オススメ

return to top