Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 2020年ドバイ万博の「生きている人のためのモニュメント」に光を当てる建築家

2020年ドバイ万博の「生きている人のためのモニュメント」に光を当てる建築家

このモニュメントは、2020年ドバイ万博のジュビリー公園に設置されている。(提供)
このモニュメントは、2020年ドバイ万博のジュビリー公園に設置されている。(提供)
Short Url:
18 Oct 2021 05:10:47 GMT9
18 Oct 2021 05:10:47 GMT9

ラワー・タラス

ドバイ: 2020年ドバイ万博の広大な敷地に生命を吹き込むためには、20万人以上の労働者と2億4,000万時間以上の労働が必要であった。

今、その労働者らへの感謝の気持ちを込めて、敷地内のジュビリー公園には38本の柱からなるコロネードが設置され、個々の労働者の名前が石に刻まれている。

2020年ドバイ万博の事務局長であるリーム・アル・ハシミ氏には、この「労働者のモニュメント」のアイデアがあった。彼は、このプロジェクトの設計をロンドン在住の建築家アシフ・カーン氏に依頼した。

「労働者のモニュメントは、認知、ポジティブなエネルギー、そして優しさを力強く表現したものです。これは非常に人間的な表現であり、築き上げたものの中心には人間がいることを思い出させてくれるものです」とカーン氏はアラブニュースに語った。

このモニュメントは、2020年ドバイ万博のジュビリー公園に設置されている。(提供)

「一般的に、世界や私たちの文化を変えるようなプロジェクトの建設に携わった人々が感謝されることはほとんどありません。あったとしても、それは人間味のないありきたりの方法です」と彼は述べた。

「人々がプロジェクトに携わっているときに忘れがちなのは、彼らの家族や友人もそのプロセスの一部だということです。彼らは犠牲を払っているのです」

万博の巨大な入口の設計も担当したカーン氏は、過去5年間に現場で働く多くの労働者に会った。

「彼らは世界の各地からやって来て、特に南アジアが多かったですが、みんな力を合わせてやっていました」と彼は振り返る。

しかし、名簿には何百人もの名前が記載されており、トリビュートを具体化するのは簡単なことではなかった。カーン氏はこの課題を「魅力的な人類学的研究」と捉えた。

重複した名前も別の綴りで、1語から5語までの幅ですべての名前が最終的な構築物に彫られている。オマーン産の石灰岩で作られた高さ2メートルの円形の柱は、「図書館の本」のようなもので、労働者一人ひとりが自分の名前を見つけることができるようになっている。

「最初に私が現場を訪れたとき、そこは砂漠でした。彼らの仕事によって、1つ1ずつ、1cmずつ、この場所は変わっていきました」とカーン氏は述べた。

「彼らは物質の状態を変える魔術師のようなのです」

ドバイにあるこの祝祭のモニュメントは、この種では初のものだと言われている。同様のモニュメントは従来、厳粛さや喪失感を伴うものであった。

「これは生きている人のためのモニュメントです。私たちの調査では、この規模のモニュメントで、すべての労働者の名前を個別に記したものはありませんでした」とカーン氏は述べた。「世界的に見ても、感謝の気持ちが芽生えるきっかけになればいいと思います」

万博の開催期間はわずか6カ月ですが、会場全体と「労働者のモニュメント」は、カーン氏によると、「誰が建てたのかを後世に伝えるために、この地に残る」という。

特に人気
オススメ

return to top