Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ウイルスに対する恐怖が強まる中、市場は回復したが依然として危機にひんしている

ウイルスに対する恐怖が強まる中、市場は回復したが依然として危機にひんしている

18 Mar 2020
ドバイの橋の上を歩く人々。同様の動きを見せることの多いこの地域の大きな市場は、火曜日にそれぞれ異なる方向に進んだ。(AFP通信)
ドバイの橋の上を歩く人々。同様の動きを見せることの多いこの地域の大きな市場は、火曜日にそれぞれ異なる方向に進んだ。(AFP通信)
Short Url:
Updated 18 Mar 2020
18 Mar 2020

フランク・ケイン

  • 株価は急落から引き戻されたが、石油は新たな下落の1日に

ドバイ:月曜日の急激な下落から株価が引き戻されたため、多くのグローバルおよび地域の金融市場は緩やかな回復を見せたが、石油価格はさらに下落した。

金融専門家は、米国当局による8500億ドルの刺激策の提案にも関わらず、継続的なコロナウイルス危機と世界経済への影響を踏まえると、金融市場全体でセンチメントが脆弱で不確実であると警告した。

ヨーロッパの大規模な証券取引所が1日を通して乱高下を経験した後、米国金融市場は主要な指標であるS&P 500とともに緩やかに増加し、2〜3ポイントの上昇となった。

中東では、同様の動きを見せることの多い大きな市場はそれぞれ異なる方向に進んだ。

サウジアラビアのTadawulは2.47%で先に引け、一方でUAEの指数は大幅に赤字となった。アブダビは6パーセント以上低く、ドバイは5パーセント近く低かった。

アナリストによると、サウジアラビアの改善の大部分は、最大株であるサウジアラムコの業績が好調だったことによるもので、1株当たり4.68パーセント上昇してSR29.10(7.75ドル)となった。

アラムコの改善は、月曜日に幹部と投資アナリストの間で行われたウェブキャスト会議の後に、その日の石油市場の不安な状態にも関わらず成し遂げられた。

中東のベンチマークであるブレント原油は、心理的に重要な1バレルあたり30ドルのマークをほぼ毎日下回って取引されており、米国ウエスト・テキサス国際規格に近づいている。

しかし、株式と石油の両方について、投資専門家は、コロナウイルスの経済的影響が拡大し続けているため、金融市場は依然として危機にひんしていると警告した。

今年の最初の2か月での工業生産高の大幅な減少を示す中国の経済データにより投資家の緊張は特に高まった。

ドバイにある野村アセットマネジメントの中東事業の代表であるタレク・ファドラーラー氏は、アラブ・ニュースに次のように語った。「前例のない経済的不確実性の中で金融資産の価格設定を行うことは事実上不可能です。最終的に何が安くなるのか、あるいは何がまだ高価なのかを知る方法はありません。」 

2009年の金融危機を予測したエコノミストであるヌリエル・ルビーニ氏は、「主流の社会一般の見解として、2四半期に渡る景気後退」がアジアから中東全体に広がると述べた。同氏は、グローバルな信用市場の懸念される傾向を指摘した。

石油センチメントは、需要の大幅な低下にも関わらず、生産者が供給を増やすほど悲観的であった。

ゴールドマンサックスのアナリストは、「4月/5月引き渡しのコアOPECからの大きなコミットメント」のため、ブレント原油の予測を1バレルあたり30ドルから20ドルに引き下げた。

Most Popular
Recommended

return to top