Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • バイデンの勝利が米国ビザ構想に対する湾岸地域の需要を刺激

バイデンの勝利が米国ビザ構想に対する湾岸地域の需要を刺激

大統領に選ばれたジョー・バイデンは、13ヶ国の市民が米国に入国するのを禁じる大統領令を破棄するつもりであると述べた。(AFP)
大統領に選ばれたジョー・バイデンは、13ヶ国の市民が米国に入国するのを禁じる大統領令を破棄するつもりであると述べた。(AFP)
Short Url:
13 Nov 2020 10:11:19 GMT9
13 Nov 2020 10:11:19 GMT9
  • ドナルド・トランプ大統領に対するバイデンの勝利、およびトランプの移民政策の一部を早急に破棄するというこの新選出の大統領の計画は、湾岸地域の住民や市民の間で同プログラムに対する関心を再び高めた。

シェーン・マッギンリー

ドバイ:米国大統領選挙でのジョー・バイデンの勝利が、外国の投資家に米国市民権申請のチャンスを提供する投資プログラムに対する新たな需要に拍車をかけた。同地域でこの構想を促進している2つの企業が述べた。

EB-5移民投資家プログラムは、米国の貧困地域に対する外国からの直接投資を強化するため、1990年に米国議会により創設された。

最低900,000ドルを投資する海外の申請者はグリーンカードを取得できる可能性があり、最終的には完全な米国市民権を申請することができる。

ドナルド・トランプ大統領に対するバイデンの勝利、およびトランプの移民政策の一部を早急に破棄するというこの新選出の大統領の計画は、湾岸地域の住民や市民の間で同プログラムに対する関心を再び高めた。

「電話が急増している」と、コンサルティング会社アメリカン・リーガル・センターの取締役シャイ・ザマニアンは言う。同社の拠点はドバイだが、リヤドとジッダにもパートナー企業のオフィスがある。王国の申請者からは「良い反応」だったと、ザマニアンは述べた。

「米国には新たな希望がある。そのため人々は米国を長期的な選択肢として、また家族を連れていきたい場所として考え、検討および投資に前向きになっている」と、ザマニアンは付け加えた。

4年前にトランプが選ばれた時も、同じようにEB-5プログラムに対する需要の急増があった。トランプの経済政策がその理由だったが、移民や外国人労働者に対する彼の否定的な態度により、関心は下火となった。トランプは2017年に、イラン、リビア、スーダン、シリア、イエメンを含む13カ国の市民が米国に旅行するのを禁ずる大統領令に署名した。バイデンは、就任初日にこの大統領令を破棄するつもりであると述べている。

「我々には間違いなくバイデンの勝利が必要。なぜなら、彼の主な姿勢の1つは、トランプが移民に対して与えてきた否定的な影響を変えることだったからだ」と、EB-5プログラムを提供するドバイの企業STEPグローバル・グループのマネージングディレクター、プレヤ・マリクは言う。

「彼が選ばれた時、翌日から電話が鳴り始めた」と、彼女は述べた。

特に人気
オススメ

return to top