Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 駐サウジ日本大使、G20リヤドサミットの重要性を強調

駐サウジ日本大使、G20リヤドサミットの重要性を強調

日本はサウジアラビアの人々と緊密に協力して、日・サウジ・ビジョン2030の枠組みの下で様々なプロジェクトやプログラムを着実に実施することにより、王国のビジョンを具体的な行動に移すことを楽しみにしている、と同氏は付け加えた。(Shutterstock)
日本はサウジアラビアの人々と緊密に協力して、日・サウジ・ビジョン2030の枠組みの下で様々なプロジェクトやプログラムを着実に実施することにより、王国のビジョンを具体的な行動に移すことを楽しみにしている、と同氏は付け加えた。(Shutterstock)
Short Url:
16 Nov 2020 12:11:55 GMT9
16 Nov 2020 12:11:55 GMT9

ファーリス・アルルシュッド リヤド

サウジアラビアが11月21日から22日にG20リヤドサミットをバーチャルで開催するにあたり、上村司駐サウジアラビア大使はアラブニュースの取材に応じ、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が広がる中、今年のG20サミットの重要性について語った。

上村大使は、サウジアラビアが議長を務める今年のG20 は、かならずやこの世界的な挑戦に英知を以て対応する人類の礎となって、COVID-19の経済社会への影響を最小化すると同時に感染を食い止めるという努力に向けて、国際社会を導いていくだろうと述べた。

コロナ禍におけるサウジアラビアのG20対応に関し上村大使は,拡大するCOVID-19の危機について協議し、その影響に共に対処するため、サウジアラビアが3月末にG20諸国に呼びかけた臨時バーチャルサミットを賞賛した。臨時サミットの結果は、その後のサウジアラビアが主宰する各種G20会合の方向性を定め、着実に成果を出してきた。また、サウジアラビアがCOVID-19によって影響を受けた石油市場の安定化と世界経済の崩壊を避けるため、OPECとも協働したことにも言及した。

G20サミットは、社会経済に多くの変化をもたらしたCOVID-19に加え、自由経済、世界の経済成長と環境問題といった様々な問題に取り組むことになる。すべてのG20各国リーダーはこれらの問題への対処について合意することができると確信していると上村大使は述べた。続けて,COVID-19との闘いに関しては、世界の主要国は世界経済を守るために11兆ドルを拠出してきた。またG20各国は、サウジ議長国の下、COVID-19との闘いに210億ドルをプレッジし、140億ドルにのぼるいくつかの途上国の債務返済猶予に合意していると指摘した。

 G20の「21世紀の機会をすべての人に実現する」というテーマと主要アジェンダに関して上村大使は、「よりよい世界に向けた人類の共通の課題に対処する包括的なアプローチを提唱している。また、これらのアジェンダは野心的なサウジ・ビジョン2030と効果的に軌を一にするものであり、日本は、リヤドサミットが 「21世紀の機会をすべての人に実現する」とのテーマの下で、循環炭素経済、自由貿易の維持等の国際問題を含め、共通の問題について具体的な行動を提案することを期待する」とコメントしている。

また,アラブ諸国初のG20開催となる歴史的なリヤドサミットについて,「サウジアラビアは紛れもなく最も影響力のあるアラブ・イスラム諸国の一つであり、他の関係国と協力して国際問題に対処する責任と能力を有している。私は、サウジアラビアがG20サミットにおいて指導力を発揮し、国際社会がコロナの下で、またポストコロナで効果的に対応するための実りある成果を発信するものと確信している。現在、我々は、我々の考え方や行動においてパラダイム・シフトを求められる新たな現実に直面している。サウジアラビアは、全人類の挑戦に対して、世界的な指導力を示すことのできる国であることが証明された。」と語った。

他にも,サウジアラビアと日本の二国間関係の促進という文脈については,「我々は多くの共通の利益、相互の信頼・尊重を共有し、これらに基づきサウジアラビアと長年協力してきた。2019年末にサウジアラビアへG20の議長を引き渡して以来、日本はサウジアラビアとともに、トロイカのメンバーとして、COVID-19との闘いに加え、自由貿易の維持、循環炭素経済の推進といった重要課題において、さらに緊密に協力してきている。私は、我々の素晴らしい二国間関係がG20の文脈における協働事業のおかげでさらに強化されると信じている。」とコメントした。

最後に上村大使は,「サウジアラビアにとってG20プロセスの経験は、自国の開発課題に対応するためのとても重要で実りの多いものであったと思う。特に、今年のG20議長国であるサウジは、ダイナミックなリーダーシップとサウジ・ビジョン2030の下での野心的な変革を示すだけでなく、G20の成果と議論を将来の利益になるように活かしていくことになるだろう。ビジョン2030は、新しいサウジアラビアを高らかに謳い、サウジ人、特に若い世代のアイデンティティと熱望を体現している。日本は、日サウジ・ビジョン2030の枠組みの下、様々なプロジェクトやプログラムを着実に実施することで、このビジョンを具体的な行動にするため、サウジの人々と協力できることを楽しみにしている。」と発言しアラブニュースへのメッセージを締めくくった。

特に人気
オススメ

return to top