Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアは今年40億ドルのインフラ契約を目指す

サウジアラビアは今年40億ドルのインフラ契約を目指す

国立民営化センターは2017年に設立された。(Argaam)
国立民営化センターは2017年に設立された。(Argaam)
Short Url:
22 Apr 2021 07:04:15 GMT9
22 Apr 2021 07:04:15 GMT9
  • サウジアラビアはまた今年いくつかの資産売却完了を狙う

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアは今年、約150億サウジアラビア・リヤル(40億ドル)相当のインフラ契約を、民間投資家との間に成立させることを目標にしていると、国立民営化センターのRayyan Nagadi氏はブルームバーグに語った。

民営化を加速させるためにセンターが2017年に設立されて以来、これは最高額の取引額となる見通しである。センターはまた、今年いくつかの資産売却を完了することを目標としていると、彼は述べた。

サウジアラビアは、パンデミックと石油収入の落ち込みにより昨年膨れ上がった財政赤字を縮小するために、民営化を加速することを望んでいる。

「2022年と2023年に行われる、パブリックプライベートパートナーシップ(PPPs)と売却の数に、私たちは大きな期待を抱いている」とNagadi氏はニュースワイヤーに語った。

「私たちははっきりとした取引のパイプラインを持っている。それらの優先度を設定するのを必要とするのみである。私たちは今2、3年前よりもよりさらに明瞭である」と彼は付け加えた。

3月に可決された法律は、内閣からの様々な承認や権利放棄の要請義務を廃止することにより、プロセスの迅速化を目的としているとNagadi氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top