Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジのPIFとタダウル・グループが、 カーボン・クレジット自主交換プラットフォームを計画

サウジのPIFとタダウル・グループが、 カーボン・クレジット自主交換プラットフォームを計画

Short Url:
03 Sep 2021 12:09:53 GMT9
03 Sep 2021 12:09:53 GMT9

リヤド:サウジアラビアの公共投資基金(PIF)は、サウジ・タダウル・グループと共同で、気候変動対策の一環として、中東・北アフリカ地域(MENA)におけるカーボンオフセットとクレジットの自主的な売買プラットフォームをリヤドに設立する計画を発表した。

金曜日に発表されたこの環境イニシアチブ型のプラットフォームは、検証・承認された高品質の炭素換算クレジット証明書の取引を通じて、排出量の削減を目指す企業や研究機関にとって大きなモチベーションとなる。

この自主的な交換プラットフォームは、クリーン開発メカニズムの指定国家機関(DNA)などの規制機関や国内外の専門家との連携を強化し気候変動の影響を軽減、パリ協定の目標達成を支援するための規制や運用方法、ビジネスモデル、ガバナンスのあり方を見極めるための取り組みの一環として提供される。

これらの取り組みを受けて、PIFの会長であるムハンマド・ビン・サルマン皇太子は次のように述べている。「このような取り組みは、気候変動の影響を軽減するために開始された複数のイニシアチブの一環として、企業や機関が排出量を削減するためのモチベーションを持てるような環境づくりなどの新しい方法を追求することで、サウジアラビアが地域内で主導的な役割を果たしていることを示しています」

「さらに、サウジアラビアの資本市場の強さ、そしてその取り組みや意欲的なプロジェクトを考慮すると、この取引所プラットフォームをインキュベートし、ホストするのに適した立場にあると言えるでしょう」と付け加えた。

PIFの総裁であるヤシール・オスマン・アル・ルマイヤン氏は次のように述べている。「私たちが今取り組んでいる、再生可能な資源からエネルギーを供給し、サステイナブルな素材を活用するための模範的なプロジェクトから、私たちはこの問題にどのように貢献すべきかについて深い知見を得ました」

「私たちには自主的な交換プラットフォームに適した環境を整え、展開するための強力な財務的基盤があります。また、環境に対する投資効果を高めることを目的とした「ソブリン・ウエルス・ファンド」グループが主導する取り組みを利用するだけでなく、私たちのパートナーシップと投資ポートフォリオの強みを活かしていきます」と述べた。

PIFは、「ワン・プラネット・ソブリン・ウェルス・ファンド(OPSWF)」ワーキンググループなど、気候変動の影響を軽減することを目的とした国際的なイニシアティブや、関連する会議やフォーラムで重要な役割を果たしている。

サウジ国営通信

特に人気
オススメ

return to top