Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 『ONE PIECE FILM RED』、中東の映画館で11月に公開予定

『ONE PIECE FILM RED』、中東の映画館で11月に公開予定

本作は日本では2022年8月6日に公開され、初日で興行収入12億円を突破した。これは「ワンピース」映画の最高記録だ。また、日本映画史上でも公開初日に10億円を突破した3番目の映画となり、また初日の興行収入としては歴代2位となった。(提供写真)
本作は日本では2022年8月6日に公開され、初日で興行収入12億円を突破した。これは「ワンピース」映画の最高記録だ。また、日本映画史上でも公開初日に10億円を突破した3番目の映画となり、また初日の興行収入としては歴代2位となった。(提供写真)
Short Url:
23 Aug 2022 09:08:34 GMT9
23 Aug 2022 09:08:34 GMT9

アミン・アッバス

「ワンピース」シリーズの劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』が、今月の日本公開に続き、中東の映画館でも2022年11月3日から公開される。地域各地の劇場で、日本語音声・英語/アラビア語字幕付きで上映される予定だ。

フロントロウ・エンターテインメントの代表者はアラブニュース・ジャパンに対し、次のように語った。「中東地域でのワンピースの人気は知っています。日本での公開は大成功で、とても嬉しく思っています。『ONE PIECE FILM RED』の中東での公開がとても楽しみです。皆さんに早く観ていただきたいです」

(提供写真)

この映画のストーリーの中心となるのは、世界で最も愛されている歌手であるウタだ。素性を隠したまま歌っていることで知られる彼女の歌声は「別次元」と称されるようになった。さて、そのウタが初めて世界に対して姿を見せてライブを行うことになった。会場には様々なファンが詰めかけ、その中には興奮した海賊たち、目を光らせる「海軍」、そしてルフィ率いる「麦わらの一味」もいたのだった…。

『ONE PIECE FILM RED』は「ワンピース」劇場版シリーズの第15作だ。同シリーズは尾田栄一郎氏による同名漫画を原作としている。今回の映画は、アニメ「ワンピース」第1000話の放送を記念して、また漫画「ワンピース」25周年の一環として、2021年11月21日に発表された。

『ONE PIECE FILM RED』は日本では2022年8月6日に公開され、初日で興行収入12億円を突破した。これは「ワンピース」映画の最高記録だ。また、日本映画史上でも公開初日に10億円を突破した3番目の映画となり、また初日の興行収入としては歴代2位となった。

80億円以上の興行収入を上げ、「ワンピース」劇場版シリーズの国内興行収入としては最高となり、2022年の日本映画興行収入ランキングの3位となっている。

『ONE PIECE FILM RED』は谷口悟朗氏が監督、黒岩勉氏が脚本を担当し、尾田氏は総合プロデューサー、キャラクターデザイナー、脚本監修者として、映画に全面的に参加し内容に深く関わった。

特に人気
オススメ

return to top