Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 日本
  • 北朝鮮が弾道ミサイル発射=2発短距離か、先月26日以来

北朝鮮が弾道ミサイル発射=2発短距離か、先月26日以来

2024年7月1日、ソウルの駅で、北朝鮮のミサイル発射実験に関するニュース映像を映し出すテレビ画面を見る人々。(AFP=時事)
2024年7月1日、ソウルの駅で、北朝鮮のミサイル発射実験に関するニュース映像を映し出すテレビ画面を見る人々。(AFP=時事)
Short Url:
01 Jul 2024 12:07:38 GMT9
01 Jul 2024 12:07:38 GMT9

ソウル:韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は1日午前5時5分と同15分(日本時間同)ごろ、南西部・黄海南道長淵一帯から短距離弾道ミサイルと推定される計2発を北東に向けて発射した。北朝鮮の弾道ミサイル発射は6月26日以来。ミサイルはそれぞれ約600キロと約120キロ飛行した。

韓国軍当局者は1発目について、北朝鮮東岸の日本海に落下したと指摘。2発目については初期段階から異常飛行し、爆発して残骸が陸地に落ちた可能性があると説明した。

林芳正官房長官は記者会見で「わが国の領域や排他的経済水域(EEZ)へのミサイルの飛来は確認されていない」と明らかにした。韓国軍は「朝鮮半島の平和と安定を深刻に脅かす明白な挑発行為だ」と糾弾した上で、「米国や日本と関連情報を緊密に共有し、万全の準備態勢を維持している」と強調した。

北朝鮮は日米韓3カ国が6月27~29日に実施した合同軍事演習「フリーダム・エッジ」に反発。声明で「挑発的な軍事的示威行為だ」と非難し、対抗措置を警告していた。

北朝鮮は6月の前回発射について「多弾頭の中距離弾道ミサイルの実験に成功した」と主張。一方、韓国軍は発射が失敗だったと分析していた。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top