Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 起訴されたゴーン逃亡の立案者、保釈のための逃亡リスクが大きすぎる=米国の判事

起訴されたゴーン逃亡の立案者、保釈のための逃亡リスクが大きすぎる=米国の判事

14 Jul 2020
ゴーンは、日産の財務諸表で報酬を過小評価していたことなど、財務上の不正行為に関与したとして起訴された後、幼少期に住んでいたレバノンに逃亡した。彼は不正行為を否定している。
ゴーンは、日産の財務諸表で報酬を過小評価していたことなど、財務上の不正行為に関与したとして起訴された後、幼少期に住んでいたレバノンに逃亡した。彼は不正行為を否定している。
Short Url:
Updated 14 Jul 2020
14 Jul 2020

ボストン:米国の判事は金曜日、日産自動車の元会長カルロス・ゴーン氏の日本脱出を手助けしたという「壮大な」疑惑を受けて、マサチューセッツ州の2人の男性が保釈されるには、あまりにも逃亡の危険性が高すぎると述べた。

ドナルド・キャベル米判事は、米陸軍特殊部隊の退役軍人マイケル・テイラーとその息子ピーター・テイラーもまた、日本の最近の引き渡し要求の根底にある容疑との戦いに成功する可能性が高いことを示すことができなかったと述べた。

ゴーンは、日産の財務諸表で報酬を過小評価していたことなど、財務上の不正行為に関与したとして起訴された後、幼少期に住んでいたレバノンに逃亡した。彼は不正行為を否定している。

キャベルは、民間警備の専門家である父テイラーが、2019年12月29日にゴーンを箱に入れて日本から密輸するために「最も複雑で洗練された欺瞞的なスキームを計画し、実行するために、そのスキルと経験を使った」との疑惑を引き合いに出した。

彼はまた、テイラーたちは、逃亡の2ヶ月前にゴーンがピーター・テイラーが共同経営する会社に送金したと思われる約86万ドルを含む、潜在的に逃亡するために悪用できる「潤沢な資源」を持っているように見えたと述べた。

テイラー親子は、日本の刑法では、誰かを「保釈から逃亡」したり、その人が拘留されたりしていない限り逃亡するのを助けることを犯罪にしないので、彼らに対する告訴は致命的な欠陥があると主張していた。

しかしキャベルは、その議論は、「犯罪者が監禁されていたかどうかに関係なく」、誰かの逃亡を可能にする場合、人々 が告訴に直面することを可能にする刑法の他の「明確な」言語を無視したと述べた。

テイラー親子の弁護士であるポール ケリーは、彼らは送還に値する犯罪を行っていないし、「これらの問題が訴訟されている間、パンデミック中に拘束されるべきではありません」と声明で述べている。

別の裁判官が7月28日に保釈請求を検討する予定である。

ロイター

topics
Most Popular
Recommended

return to top