Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 日本政府はミャンマーからの邦人退避を計画せず、外出自粛を呼び掛ける

日本政府はミャンマーからの邦人退避を計画せず、外出自粛を呼び掛ける

2021年2月1日、ミャンマーのヤンゴンにあるミャンマー国営テレビのオフィス内部ではミャンマー軍の車両が見られた。(資料写真/ロイター通信)
2021年2月1日、ミャンマーのヤンゴンにあるミャンマー国営テレビのオフィス内部ではミャンマー軍の車両が見られた。(資料写真/ロイター通信)
Short Url:
01 Feb 2021 05:02:58 GMT9
01 Feb 2021 05:02:58 GMT9

日本政府は、ミャンマー軍が指導者アウン・サン・スー・チー氏を逮捕したことを受け、ミャンマーからの邦人の退避は計画していないと、月曜日、外務省当局者が語り、一方の現地の日本大使館は、国民に外出自粛を呼び掛けた。

ミャンマー軍は月曜日、昨年の総選挙での不正行為への対応として、政府の上級指導者らを拘束したことを発表し、非常事態を宣言した。

ミャンマーには推計で3500人の日本人がいるが、コロナウイルスのパンデミックにより、日本政府は同国への渡航を延期するよう国民に勧告してきたと、同当局者が身元を明らかにしないことを条件に語り、当該勧告を変更する計画は現時点ではないと付け加えた。

在ミャンマー日本国大使館は、外務省のウェブサイトに掲載されたメッセージの中で、現時点の同国の状況は、一般人を巻き込むような状況ではないように見られるものの、警戒すべきであると述べた。

「真に必要な場合を除き、屋内に留まり、外出を自粛するよう推奨する」と付け加えた。

ロイター通信

 

特に人気
オススメ

return to top