Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 東京都が「ゼロエミッション東京戦略」のアップデートを公表

東京都が「ゼロエミッション東京戦略」のアップデートを公表

東京都は2050年までに、排出実質ゼロを達成するアクションプランの進捗状況も含んだ「ゼロエミッション東京戦略2020 Update & Report」を策定している。(環境局/TMG)
東京都は2050年までに、排出実質ゼロを達成するアクションプランの進捗状況も含んだ「ゼロエミッション東京戦略2020 Update & Report」を策定している。(環境局/TMG)
Short Url:
31 Mar 2021 08:03:28 GMT9
31 Mar 2021 08:03:28 GMT9

アラブニュースジャパン

東京都(TMG)は3月30日、2050年までにCO2排出実質ゼロに向けた2019年12月のアクションプラン、「ゼロエミッション東京戦略」の進捗状況も含んだ「ゼロエミッション東京戦略2020 Update & Report」の策定を公表した。

2015年のパリ協定のもとで、世界の平均気温の上昇を摂氏1.5度から2度未満に抑えるコミットメントを確認するために、この報告書は世界第3位の経済大国の首都による進展状況と計画を具体化している。

日本は世界第5位の二酸化炭素、温室効果ガスの排出国であり、これらは世界中で既に主な熱波、さらに大規模で強力なサイクロン、干ばつ期を引き起こしている、と科学者たちは主張している。

この戦略のもとで、都はエネルギーセクター、都市インフラセクター(建築物編)、都市インフラセクター(運輸編)、資源・産業セクター、気候変動適応セクターを含む6分野14政策においてロードマップをアップデートすることになる。これには、26の社会変革に向けたビジョン、その実現に向けた36のアプローチ、直ちに加速・強化する94の取組も含まれている。

このレポートには東京都の2030年の目標から、温室効果ガス排出削減量を強化する修整目標が記されていた。この修正目標には、都内温室効果ガス排出量を2030年までに2000年比で50%削減、都内エネルギー消費量の50%削減、再生可能エネルギーの利用を増やし、再生可能エネルギーによる電力利用割合の関連目標を50%程度にすることも含まれている。

この戦略はまた、水素エネルギーの利用拡大も目指している。

温室効果ガス排出量を半減させ、2030年までにいわゆる『カーボンハーフ』を実現するために、TMGが脱炭素社会に移行できるように、ビジネスから都市づくりに至るまであらゆる分野の中で、社会経済構造の再構築と再設計が「必要」だと述べられている。この実現と合わせて、TMGは必要となる社会的変革を加速させるためのビジョンの一環として、2030年までに「カーボンハーフ」を呼び掛けている。

東京は現在「今こそ行動を加速する時TIME TO ACT)」というスローガンを掲げて、2050年の目標を推奨している。これは、脱炭素化の世界共通ゴールに向けて取り組み続けていくために、さらなる協力促進を通じて、持続可能な開発という観点から気候危機への世界的な対応を強化することを目指して、炭素排出量を削減して低炭素経と協調する企業や都下区市町村の組織的な取り組みと効果的な活動を加速させるように要請している。

特に人気
オススメ

return to top