Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 飛び込みW杯がコロナ対策で東京から移動

飛び込みW杯がコロナ対策で東京から移動

国際水泳連盟は、五輪予選も兼ねる大会をどこで開催するかまだ決定していないと述べた。(AFP)
国際水泳連盟は、五輪予選も兼ねる大会をどこで開催するかまだ決定していないと述べた。(AFP)
Short Url:
04 Apr 2021 08:04:31 GMT9
04 Apr 2021 08:04:31 GMT9

パリ:国際水泳連盟(FINA)は、五輪テスト大会も兼ねて今月に予定されていた飛び込みW杯の開催を東京から移動させようとしている。

国際水泳連盟は、五輪予選を兼ねたこの大会の開催地をまだ決定していないと述べた。

「日本で予定されていた国際水泳連盟五輪予選の新たな開催決定については、現在検討中です。来週に発表します」と金曜日、運営組織のウェブサイトに簡単な声明文が公表された。

伝えられるところによると、国際水泳連盟は木曜日に、主催者が提案するコロナ対策について「憂慮すべき」情報を受け取ったことを加盟国に伝えたという。

BBCの報道によれば、国際水泳連盟は、それらは選手たちの安全を「適切に確保できない」とし、さらに、日本政府は大会を「良好で公平なものにするために必要なすべての措置を取らなかった」と付け加えたという。

報道によると、日本大使館の一部がまだ選手たちにビザを発行していないこと、コロナ対策で負担費用が増大していること、最近導入された3日間の隔離措置で選手たちがすでに購入したチケットの変更を余儀なくされることなどについて、国際水泳連盟が不満を抱いたという。

飛び込みW杯は当初、2020年4月に開催される予定であったが、コロナのためにオリンピック同様、1年延期となっていた。

延期された2020年オリンピックが7月23日に始まるため、W杯は4月18日から23日に東京で開催されるはずであった。

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top