Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 在日米軍、現地従業員に新型コロナワクチン接種

在日米軍、現地従業員に新型コロナワクチン接種

ワクチンはファイザー・バイオテック製やモデルナ製を使用する。(Shutterstock)
ワクチンはファイザー・バイオテック製やモデルナ製を使用する。(Shutterstock)
Short Url:
10 Jun 2021 09:06:49 GMT9
10 Jun 2021 09:06:49 GMT9
アラブニュースジャパン
 
東京:G7諸国の中でワクチン接種が一番遅れている日本に対し、在日米軍が協力することになった。在日米軍は日本人に限らず基地内で働くすべての現地従業員の希望者に対し、ワクチン接種を開始する。
 
ワクチンはファイザー・バイオテック製やモデルナ製を使用する。
 
この件に関し発行されたプレスリリースは「在日米軍従業員へのワクチン接種は、日本における更なる感染拡大の防止に寄与するとともに、日米同盟の強靭性を保障するものとなる。また、在日米軍の安定的な運用を確保し、米国が日本の安全保障に係る日米安全保障条約上の義務をより一層果たせるようにするものである」としている。

 今般の新たな取組は、日本政府が現在進めている日本国民に対するワクチン接種の取組と綿密に調整して実施されるものであり、その取組を一層加速する。 また、日本政府及び在日米軍は、ワクチン接種をしない在日米軍従業員が、そのことを理由に不利に扱われることがないことを確認した。
 
日本は今月に入ってワクチン接種のスピードを速め、現在2000万人まで接種が進んでいる。
全体人口の11%は少なくとも1回目の接種は終えているが、カナダの62%、米国の52%と比べるとまだ少ない。
特に人気
オススメ

return to top