Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 「飽和攻撃」想定を懸念=政府、防衛力強化の議論加速へ―北朝鮮ミサイル

「飽和攻撃」想定を懸念=政府、防衛力強化の議論加速へ―北朝鮮ミサイル

政府は、北朝鮮が複数の弾道ミサイルを短時間で発射したことについて、日本の安全保障に対する脅威度が高いと深刻に受け止めている。(AFP)
政府は、北朝鮮が複数の弾道ミサイルを短時間で発射したことについて、日本の安全保障に対する脅威度が高いと深刻に受け止めている。(AFP)
Short Url:
05 Jun 2022 07:06:00 GMT9
05 Jun 2022 07:06:00 GMT9

政府は、北朝鮮が複数の弾道ミサイルを短時間で発射したことについて、日本の安全保障に対する脅威度が高いと深刻に受け止めている。一斉発射で迎撃を難しくする「飽和攻撃」を想定している可能性を懸念。敵基地攻撃能力の保有を含め、防衛力の抜本的強化に向けた議論を加速する方針だ。

岸田文雄首相は視察先の福島県葛尾村で記者団に「国際法違反であり、強く非難する」と表明。ソウルで8日に開催予定の日米韓3カ国の次官協議に触れ、「米国、韓国と緊密に連携し、情報収集、警戒監視に全力を挙げる。わが国の平和と安全の確保に万全を期す」と強調した。

岸信夫防衛相は防衛省で記者団に「飽和攻撃などに必要な連続発射能力の向上といった狙いがある可能性がある」と指摘。「いわゆる敵基地攻撃、反撃能力も含め、防衛力の抜本的な強化に努めていく」と語った。 

弾道ミサイルが発射された際、新幹線で福島県に移動中だった首相は、不測の事態への備えなどを関係省庁に指示。郡山駅に到着後、松野博一官房長官に電話し、安全確認の徹底を求めた。松野氏はこれを踏まえ、首相官邸に入って対応に当たった。

政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議。外務省の船越健裕アジア大洋州局長は、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国の金健・朝鮮半島平和交渉本部長と電話で協議し「国際社会に対する明白かつ深刻な挑戦だ」との認識を共有した。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top