Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 天然痘ワクチン、サル痘にも=KMバイオ製の適応拡大―厚労省

天然痘ワクチン、サル痘にも=KMバイオ製の適応拡大―厚労省

Short Url:
29 Jul 2022 11:07:52 GMT9
29 Jul 2022 11:07:52 GMT9

厚生労働省の専門部会は29日、KMバイオロジクス(熊本市)が製造販売する天然痘ワクチンについて、欧米などで報告が相次ぐ「サル痘」の発症・重症化予防を目的とした使用も認めることを了承した。同省は研究目的で医療従事者への接種を進めており、対象拡大も検討する。

政府はテロ対策として天然痘ワクチンを備蓄しており、厚労省によると、同ワクチンによるサル痘の発症予防効果は約85%に上るという。世界保健機関(WHO)は、医療従事者ら患者と接するリスクの高い人への事前接種を推奨している。 

厚労省は既に、法律に基づく特定臨床研究として国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の医療従事者50人への接種を実施。未承認の海外製治療薬についても、同センターのほか大阪府や愛知、沖縄両県の計4カ所で投与を可能とし、治療体制の整備を急いでいる。

サル痘の主な症状は発疹や発熱など。WHOによると、27日時点で78カ国、計1万8000人以上の感染が報告されている。

感染経路は患者の発疹や体液などとの接触が中心で、多くは2~4週間で自然回復する。厚労省は「新型コロナウイルスとは異なり、ヒトからヒトへの感染は容易には起こらない」との見解を示している。

時事通信

topics
特に人気
オススメ

return to top