Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ADK前社長、全面争う構え=共謀否定「正当なコンサル料」―五輪汚職

ADK前社長、全面争う構え=共謀否定「正当なコンサル料」―五輪汚職

上野真一氏は東京五輪・パラリンピック組織委員会の元幹部に賄賂を贈った疑いを否定している。(JapanTimes)
上野真一氏は東京五輪・パラリンピック組織委員会の元幹部に賄賂を贈った疑いを否定している。(JapanTimes)
Short Url:
22 Oct 2022 02:10:30 GMT9
22 Oct 2022 02:10:30 GMT9

東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、広告大手ADKホールディングス前社長、植野伸一容疑者(68)=贈賄容疑で逮捕=が東京地検特捜部の調べに、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=への資金提供について「正当なコンサルタント料だった」などと容疑を否認していることが21日、関係者への取材で分かった。

部下との共謀を否定し、「全てを賄賂とするには多額で、五輪事業の対価に見合わない」として、全面的に争う構えだという。

植野容疑者は同社元統括部長の久松茂治(63)、元統括部長補佐の多田俊明(60)両容疑者と共謀し、電通を支援する販売協力代理店としてスポンサー契約業務に関われるよう高橋容疑者に依頼し、賄賂を渡した疑いが持たれている。

高橋容疑者は受託収賄罪の公訴時効(5年)が経過していない計約4700万円を受領したとされ、植野容疑者らは贈賄罪の時効(3年)に掛からないコンサル料名目の計約1400万円分で逮捕された。

関係者によると、植野容疑者が2013年3月に旧アサツーディ・ケイ社長に就任した数カ月後、同社は高橋容疑者が会長を務める「コモンズ」と契約を結び、コンサル料として月50万円を支出。

22年1月までに計約5000万円を提供した。

18年には駐車場大手パーク24のスポンサー契約に関わり、電通から再委託料約4000万円を得た。

同12月、半額の約2000万円を高橋容疑者に指定された休眠会社「アミューズ」(解散)名義の口座に送金した。

特捜部の調べに、植野容疑者はコンサル料名目の支出に関し「アーバンスポーツ大会を事業の柱とするためのアドバイス料だった。

違法性があるとの報告も受けていない」と主張。

アミューズへの資金提供は「捜査を受けるまで知らなかった」と説明している。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top