Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 考古学者Zahi Hawass:「エジプトの考古学を好きではない国など存在しません」

考古学者Zahi Hawass:「エジプトの考古学を好きではない国など存在しません」

17 Oct 2019
エジプトおよびその文化を宣伝する彼の努力の一環として、エジプトの考古学大臣Khaled El-Ananyが最近日本を訪れた。(提供)
エジプトおよびその文化を宣伝する彼の努力の一環として、エジプトの考古学大臣Khaled El-Ananyが最近日本を訪れた。(提供)
エジプトおよびその文化を宣伝する彼の努力の一環として、エジプトの考古学大臣Khaled El-Ananyが最近日本を訪れた。(提供)
エジプトおよびその文化を宣伝する彼の努力の一環として、エジプトの考古学大臣Khaled El-Ananyが最近日本を訪れた。(提供)
エジプトおよびその文化を宣伝する彼の努力の一環として、エジプトの考古学大臣Khaled El-Ananyが最近日本を訪れた。(提供)
エジプトおよびその文化を宣伝する彼の努力の一環として、エジプトの考古学大臣Khaled El-Ananyが最近日本を訪れた。(提供)
Updated 21 Oct 2019
17 Oct 2019

Salma Ahmed

カイロ:世界で活躍するエジプトの考古学者であるZahi Hawassは、エジプトの考古学の重要性を世界中で主張してきました。

「エジプトの考古学を好きではない国など存在しません」と、考古省担当大臣であるHawassはアラブニュースに対して話しました。

エジプトのモニュメントはたった30%しか発見されていませんが、残り70%の地下に埋もれたままのものを求めるのに急ぐ必要はない、とHawassは言いました。

「私たちはすべてを見つけたいわけではありません。私たちはすでに見つけた歴史的なモニュメントを保護したり必要な準備をすることを始めたいのであって、それからまだ発見されていないものに関しては考え始めるのです」と彼は言いました。

だから、今は修復と保存がメインの目標なのです。

新しい大エジプト博物館がまだ準備中であり、考古学は再び注目を浴びるであろうことが予想されています。昔のタハリールミュージアムでのように、エジプトの工芸品が展示されて、隠されたままではなくその価値が評価される機会がますます増えてくるでしょう。

「世界でエジプトを知らない人はいません。エジプトの考古学は世界中のすべての人々の心の中にあります」とHawassは言いました。

このことは、その新しい博物館がすぐに人気になることを期待されていることを表しています。それはギザのピラミットから数分の場所に位置しているのです。

この人気が期待されていることの他の背景としては、数年に渡って古代エジプトの人物が注目を集めていることがあります。

「モニュメントに関心のない人たちにすらも、ピラミッドは皆が話題にするものであるから、最も立派なピラミッドを建てたクフ王が、最も有名な古代エジプトの人物として挙げられます」とHawassは言いました。

彼はさらに、ツタンカーメン王も人気だと加えました。最も有名なエジプトの国王であるラメセス2世や、クレオパトラ女王もそうであったように、彼の棺は完全に修復されているからです。これらの人物は、人気のある言い伝えや、彼らと共にあるモニュメントのおかげで、人気を得ました。

Hawassは、エジプトにおける現在の状況に注目するとともに、世界中でエジプトの考古学について関心を持ってもらうために欠かせない役割を担っています。

「私は(考古学について)至る所でレクチャーを行います」と彼は述べました。「2〜3千人の人たちが毎回の私のレクチャーに参加します。ですから、私は様々なところで人々に、エジプトは安全であり、エジプトは私たちが選出した大統領によって統治されているということを伝えることができます。私はエジプトに対する見方を変えようとしています。」

エジプトとその文化を宣伝する彼の努力の一環として、最近Hawassは日本を訪れました。

「彼ら(日本人)は考古学が好きです。私は日本で有名だとは思ってもいませんでしたが、彼らはエジプトの考古学が好きなので、私のことを知っていました」とHawassは説明しました。

このことは、Hawassが歩んできた波乱万丈なキャリアの中の小さな一点にすぎません。それはすべて偶然によって始まったのです。

「子供の頃、私は弁護士になりたいと思っていたので、16歳の時にロースクールに入りましたが、それは私ができることではないと気づいたのです。私は法律を辞め、文学を学ぶことを決心しました。そこで私は、考古学と呼ばれる新たな分野について聞かされることとなったのです」とHawassは言いました。

卒業後、Hawassは政府機関で働くこととなりましたが、彼は最初のプロジェクトがやってくるまで、ひどく不安でした。労働者たちは、彼が掃除をしなければならなかった棺の中に隠されていた像をたまたま見つけました。その過程の中で、彼は自身の情熱が考古学に向いていることに気づきました。彼はその分野で卒業研究を遂行することに向かい続けました。

「私は一つのことのおかげで、失敗から成功に向かうことができました。それは、情熱です。人が何かに夢中になる時、その人はそこに秀でているのです。」

Hawassは、彼のキャリアの中で最も成功した、あるいは最も評価された瞬間を言いませんでした。記憶に残る出来事で彼の人生は満たされているのでしょう。

「あなたの子供たちの中から一人だけ、他の子よりも好きな子を選ぶことはできないでしょう。彼らは皆私の心の中にいます。私が成し遂げたすべての発見のことですよ。」

topics
Most Popular
Recommended

return to top