Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 1984年に起きた中東学者兼AUB学長のマルコム・カー殺害事件をレバノンはどのように見たか

1984年に起きた中東学者兼AUB学長のマルコム・カー殺害事件をレバノンはどのように見たか

24 Jul 2020
1984年1月18日、ベイルート・アメリカン大学(AUB)の学長マルコム・カー博士が後頭部を2発撃たれ、即死した。犯人は逃走し、身元が特定されることはなかった。(AUB所蔵)
1984年1月18日、ベイルート・アメリカン大学(AUB)の学長マルコム・カー博士が後頭部を2発撃たれ、即死した。犯人は逃走し、身元が特定されることはなかった。(AUB所蔵)
1984年1月18日、ベイルート・アメリカン大学(AUB)の学長マルコム・カー博士が後頭部を2発撃たれ、即死した。犯人は逃走し、身元が特定されることはなかった。(AUB所蔵)
1984年1月18日、ベイルート・アメリカン大学(AUB)の学長マルコム・カー博士が後頭部を2発撃たれ、即死した。犯人は逃走し、身元が特定されることはなかった。(AUB所蔵)
1984年1月18日、ベイルート・アメリカン大学(AUB)の学長マルコム・カー博士が後頭部を2発撃たれ、即死した。犯人は逃走し、身元が特定されることはなかった。(AUB所蔵)
1984年1月18日、ベイルート・アメリカン大学(AUB)の学長マルコム・カー博士が後頭部を2発撃たれ、即死した。犯人は逃走し、身元が特定されることはなかった。(AUB所蔵)
Short Url:
Updated 26 Jul 2020
24 Jul 2020
  • 時間は、AUBでの学生時代に夫に出会ったアン・カーの痛みを癒やしてはいない
  • 裁判所は後に、マルコム・カー殺害の責任を主張するグループがヒズボラの隠れ蓑として行動していたことを明らかにした

レイラ・ハトゥーム

ベイルート:1984年1月18日、ベイルート・アメリカン大学(AUB)の学長マルコム・カー博士は、レバノンの首都ベイルートの広大なキャンパスのオフィスに通じる廊下に足を踏み入れた。雨の降る水曜日の朝である。レバノンでは9年前から内戦が続いていた。

突然、どこからともなく現れた2人の武装した男が、52歳のカーに発砲した。彼は後頭部を2発撃たれ、即死した。犯人は逃走し、身元が特定されることはなかった。

AFP通信への電話で、イランが支援するシーア派民兵組織「イスラム聖戦組織(IJO)」が殺害の責任を主張した。犯行理由としてレバノンでの米軍の存在を挙げている。1982年、米国が仲介したパレスチナ解放機構とイスラエルの停戦時に創設された4カ国平和維持軍には米軍兵士が加わっていた。

南カリフォルニアからアラブ・ニュースの取材に応じたカーの未亡人アンは、36年たった今でも記憶に新しいあの日の出来事を思い出した。

「悲しみは絶え間なく続いています。喪失とともに生き、喪失は心の中で場所を占めています」と彼女は言った。

アンは、1950年代にAUBで学生だったときに夫に出会った。彼女はロサンゼルスのオクシデンタル大学から研修旅行に来ており、彼はアラビア語研究の修士号を取得するために勉強していた。二人にとって、AUBは「米国が提供できるものの中で最高のものでした」とアンは語る。

米国籍を持つ彼女の夫は、レバノンで生まれ育ち、米国で教育を受けた。彼の両親はAUBで教えおり、彼の心の近くにあった。彼は何度もレバノンに戻り、最終的には大学でさらに勉強し、教鞭をとるようになった。中東とアラブ世界に関する権威である彼は、1982年に名門大学の学長に就任した。

アンはイランとヒズボラを非難している。というのも、IJOは1985年に結成されたヒズボラの前身と言われているのだ。

「当時、彼らはジャーナリストや教授(などの)目立つ欧米人をターゲットにしていたので、(ヒズボラが)責任を負っていたことはかなり明確です」と彼女は語る。「マルコムが暗殺される前に、デビッド・ダッジが誘拐されたことを覚えているかもしれません」

ダッジも米国市民であり、カーが任命される前は学長代理を含め、AUBで多くの役職を歴任した。1982年7月19日、彼はキャンパスから拉致され、IJOに人質として拘束された。彼はシリアが介入した後、1年後に解放された。

IJOは、1983年のフランスと米国の海兵隊の兵舎やベイルートの米国大使館の爆破事件を含む、多くの誘拐、暗殺、攻撃の責任を主張するようになった。1982年から1992年の間に、104人の外国人作家、聖職者、ジャーナリストが誘拐され、これはレバノン人質危機として国際的に知られるようになった。

その中には、AP通信のテリー・アンダーソン記者も含まれており、彼は1985年3月16日に誘拐され、6年9カ月間拘束された。これはレバノンで米国人が拘束された期間では最も長い。

「なぜ(マルコムは)誘拐されずに暗殺されたのか?それは疑問のままです」とアンは言う。「しかし、私たちの理解では、彼ら(IJO)はまだ誘拐の技術を完成させておらず、どこに(人質を)監禁するかを知りませんでした」

状況証拠はIJOの犯行であることを示しているが、カーの安全を脅かすのは過激なイスラム教だけではなかった。アンによると、レバノンの右翼のキリスト教の派閥は、パレスチナの状況に関する彼の見解に「満足していな」かった。

「当時、誰もが銃を持って歩き回っていました……内戦状態だったのです」と彼女は語った。 

カー殺害のニュースは瞬く間に広まった。レバノンの新聞「アンナハル」や雑誌「アル・シラー」、フランス語の週刊誌「ラ・レヴュー・デュ・リバン」などの地元メディアに加え、AFP通信やニューヨーク・タイムズなどの国際的な報道機関は、この暗殺とダッジ誘拐を結びつけて報じた。

カーが殺される前日、IJOはベイルートのサウジアラビア総領事フセイン・アル・ファラーシュ誘拐の責任を主張し、殺害すると脅した。当時レバノンの司法大臣であり、現在は国会議長であり、ヒズボラの同盟国であるアマル運動の代表でもあるナビ・ベリの介入により、66日後に釈放された。

カーの殺害から20年後、彼の家族は、新たに明らかになった情報をもとに、事件の再捜査と裁判を求めた。2003年2月、家族はイランとヒズボラを相手取り、米国コロンビア特別区連邦地方裁判所に提訴した。

当時、彼らは損害賠償を求めていなかったが、裁判所は2018年に和解金を授与したと報じられており、その資金は学生の寄付基金を設立するために使用されている。

地方裁判所は、IJOはヒズボラが身元を隠すために使用した名前であると判決を下した。判決は、アンにとってある程度の区切りとなった。

「裁判の価値は、それが私の家族にある程度の解決をもたらしたということです。裁判を終わらせたのは良かったと思います」と彼女は語った。

しかしアンは、毎日喪失感と闘い続けている。

「(特に)私たちのような親しい家族の中では、それぞれ物事に対する反応が異なります」と彼女は語る。

「私はといえば、国際教育に関わる仕事を続けることに満足していました。息子のスティーブはバスケットボールのキャリアを始めました」

2人の兄弟と1人の姉妹を持つスティーブ・カーは、1965年にベイルートで生まれた。シカゴ・ブルズの選手として5回、ゴールデンステイト・ウォリアーズのヘッドコーチとして3回のタイトルを獲得し、8度のNBAチャンピオンに輝いている。

「生まれた時から、彼は実質的に手にボールを持っていました」とアンは言う。「彼にとって、スポーツの競争精神は自らの決意そのものでした」

@Leila1H

topics
Most Popular
Recommended

return to top