Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ポンペオ氏、トルコ訪問で公式会談はなし

ポンペオ氏、トルコ訪問で公式会談はなし

世界の正統派キリスト教徒の霊的指導者であるエキュメニカル総主教バーソロミュー1世(右)は2020年11月17日、イスタンブールでマイク・ポンペオ米国務長官と会談した。(AP)
世界の正統派キリスト教徒の霊的指導者であるエキュメニカル総主教バーソロミュー1世(右)は2020年11月17日、イスタンブールでマイク・ポンペオ米国務長官と会談した。(AP)
Short Url:
18 Nov 2020 12:11:31 GMT9
18 Nov 2020 12:11:31 GMT9
  • ワシントンと戦略的NATO同盟国の緊迫した関係が続いている。

イスタンブール:マイク・ポンペオ米国務長官は火曜日にイスタンブールを訪問したが、公式会談およびアンカラが「無関係」として却下した宗教的自由に焦点を当てた議題は含まれていなかった。

ドナルド・トランプ米大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン氏の個人的な友好関係にもかかわらず、ワシントンと戦略的NATO同盟国の緊迫した関係が続いている。

福音主義のクリスチャンであるポンペオ氏がコンスタンチノープルの総主教バーソロミュー1世(ギリシャ正教世界の精神的指導者)との会合に向かう際、20人から30人のトルコ人集団が「アメリカ人は国へ帰れ!」と罵声を浴びせた。

ポンペオ氏は、7月にイスタンブールの象徴であるアヤソフィアのモスク化を公に批判していた。

ポンペオ氏は総主教に対し、「お招きいただき大変光栄です」と発言している。

外務省はポンペオ氏の到着に先立ち、米国はトルコの信仰の自由という「全く関係のない」テーマを問題にする前に、「まず鏡を見る」べきだと宣言した。

ポンペオ氏の7カ国ツアーは、トランプ氏による選挙詐欺という根拠のない主張を臆面もなく支持し、ジョー・バイデン氏の次期大統領就任に備えようとする米国の同盟国の試みによって複雑化している。

米外交官のパリでの2泊の滞在にはエマニュエル・マクロン仏大統領との会談が含まれていたが、通常はこのような会談の後に行われる記者会見は行われなかった。

しかし、トルコの足は最初から問題を抱えているように見えた。

当局は、ポンペオ氏が総主教に会いにイスタンブールを訪問したいと思っており、首都アンカラから会いに来るという条件で、エルドアン大統領とトルコのメヴルット・カヴソグル外相に会う準備をしていただけだと述べた。

協議が決裂する以前の激しい交渉の末、会談は可能かと思われていた。

「スケジュールの問題でした」と米政府高官は語る。

「エルドアン大統領のスケジュールが変更され、私たちが当初から設定していたパラメータに合わせることが不可能になりました」

ジョー・バイデン氏の当選が今回の騒動に関係するかどうかを測るのは難しい。エルドアン大統領は、彼の勝利が米国のメディアによって発表された3日後にバイデン氏を祝福している。

しかし、それによって、ポンペオ氏は月曜日にパリにてマクロン大統領と会談した際に指摘した問題点について、トルコ政府高官との議論の場を逃すことになるだろう。

ポンペオ氏は「マクロン大統領と私はトルコの最近の行動について多くの時間を費やして議論し、彼らが非常に攻撃的であることで合意した」と、フランスの日刊紙『ル・フィガロ』に語った。

マクロン氏はさまざまな地域問題でエルドアン氏と対立しており、ポンペオ氏はトルコの強硬な外交政策に対する不信感に共鳴している。

ポンペオ氏は、アルメニアとのナゴルノ・カラバフ紛争におけるトルコのアゼルバイジャンへの「支援」を挙げ、アゼルバイジャン軍を支援するために「シリア軍を配備した」というアンカラが否定した主張を繰り返した。

「私たちはまた、第三国から軍隊を送ったリビアでの行動と地中海東部での行動にも言及しました。まだ他にも例を挙げることができます」とポンペオ氏は言った。

「欧米が協力して、このような行動は国民の利益にならないと、エルドアン大統領を説得しなければなりません」

この問題は、アンカラがロシアから最新式S-400対ミサイルシステムを獲得したことで物議を醸していることをめぐる論争に関係している。

米国の法律によれば、この購入に対して即時の制裁を発動させるべきだが、トランプ大統領はトルコに猶予を与えた。

トルコ軍は米国で投票が始まるわずか数週間前にS-400の試験を行っている。

「制裁は検討中」であり、「非常に現実的な」可能性があると、米国務省は先月警告した。

今回の訪問は、ニューヨーク・タイムズ紙の報道発表と重なっている。それによると、トランプ氏は先週、ポンペオ氏を含む側近にイランの核施設を攻撃する可能性について尋ねたという。

関係者は「大統領が軍事攻撃を進めようとするのを説得して思い留まらせた」と語った。

ポンペオ氏にはこの話に答える記者会見の予定はなかった。

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top