Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イエメン当局、原油タンカー「セイファー」について繰り返し警告

イエメン当局、原油タンカー「セイファー」について繰り返し警告

イエメン沖の紅海で110万バレルの原油を積んだタンカー「FSOセイファー」。(File/AP)
イエメン沖の紅海で110万バレルの原油を積んだタンカー「FSOセイファー」。(File/AP)
Short Url:
18 Nov 2020 08:11:04 GMT9
18 Nov 2020 08:11:04 GMT9
  • 当局はタンカーの崩壊について警告を繰り返した

サエド・アル・バタニ
アル・ムカッラー:イランの支援を受けるフーシ派が、機雷や爆弾を積んだボートを使用し、タンカー「セイファー」のメンテナンスを妨害していることは、紅海の国際海上交通と生態系生物にとって深刻な脅威であると、月曜日にイエメンの高官は警告した。

当局はタンカーの崩壊について警告を繰り返し、紅海の大災害を回避するために国際社会が直ちに行動するよう促した。

イエメン政府は依然としてすべての平和イニシアチブに門戸を開いているが、フーシ派が地雷の使用を続け、壊れかけのタンカーに国連の専門家が訪問するのを拒否したことは、彼らが真剣に平和を望んでいないことを示している、とイエメンのアリ・モーセン・アル・アメール副大統領が語ったことを国の通信社SABAが報じた。

ハディダ・アル・ハッサン・アリ・タハー知事との会談で、アル・アメール氏は、フーシ派が、商業船を狙った機雷や爆弾を積んだボートによって、紅海の航海に「さらなる」脅威をもたらすと述べた。

イエメン政府高官と西側外交官は、国連専門家のチームがタンカーにアクセスして重要なメンテナンスを実施できるよう、何ヶ月もの間フーシ派に圧力をかけてきた。タンカーが崩壊し、予測される環境的および人道的大災害を引き起こした場合、責任を問われることになると反政府勢力に警告してきた。

100万バレル以上の原油を積んだまま西部の都市ホデイダ沖で座礁したこの船は、メンテナンス不足により過去5年間で腐敗してしまった。

イエメンの計画国際協力大臣であるナジーブ・アル・ウジ博士は月曜日、タンカーの崩壊と潜在的な環境災害について、同じ懸念を繰り返し伝えた。

タンカーに国連の専門家が乗って被害を評価することをフーシ派が許可するまで、国際社会は彼らに圧力をかけ続ける「倫理的および道徳的」責任がある、という大臣の言葉をSABAが伝えた。

アル・ウジは、船からの原油流出は生態系の生命を危険にさらし、イエメンの漁師の仕事を妨げるだろうという、地元および国際的な専門家の言葉を繰り返した。

また、モハメッド・アル・ハドラミ外相は月曜日、ニュージーランドからイエメンへの非居住大使ジェームズ・モンローに、国際社会はフーシ派に圧力をかけることによりタンカー問題に緊急に取り組むべきだと語った。

指揮官の死

イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハディ大統領は、北部のジャウフ州でフーシ派との戦闘によって死亡した野戦指揮官の死を悼んだ。

公式通信社は、イエメンで「イランが支援するフーシ計画に抵抗する」間に殺害された第1山岳歩兵旅団の参謀長、ヤヒヤ・アル・バクリ准将の家族に、ハディ氏が手紙を送ったと報じた。

副大統領もこの司令官を悼み、マリブ、ジャウフ、サナアでフーシ派に対する軍事作戦を主導した「英雄」と表現した。

地元メディアと政府関連のソーシャルメディアは月曜日の夜、141旅団作戦の責任者であり、ジャウフでフーシ派との戦闘中に致命傷を負っていたアハメド・ハメド・アル・タルハニの死を伝えた。

野戦指揮官を含む数十人のフーシ派戦闘員も、過去数日間にジャウフで死亡した。

ジャウフ県のイエメン軍報道官であるラビア・アル・クラシは火曜日、アラブ・ニュースに語った。アラブ連合の軍用機は月曜日、ジャウフ県の首都ハズムの東にあるフーシ派戦闘員の集団を標的にし、フーシ予防安全保障の責任者であり、反政府勢力のジャウフ知事の兄弟であるザイード・アリ・アルマラニを殺害したそうだ。

イエメン政府軍とフーシ派が、戦略的に重要な県で互いに領土を獲得しようとしているため、過去2か月間、ジャウフでは戦闘が激化している。

特に人気
オススメ

return to top