Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 大雪と強風、冬の嵐が中東を襲う

大雪と強風、冬の嵐が中東を襲う

2021年2月17日、シリアのイドリブ県の、反体制派が支配する北部の田舎にあるジャバル・ザーウィヤ地域で、雪に覆われた森の中をシリア人男性がバイクで走っている。(AFP)
2021年2月17日、シリアのイドリブ県の、反体制派が支配する北部の田舎にあるジャバル・ザーウィヤ地域で、雪に覆われた森の中をシリア人男性がバイクで走っている。(AFP)
2021年2月17日、シリアのイドリブ県の、反体制派が支配する北部の田舎にあるジャバル・ザーウィヤ地域で、雪に覆われた道をシリア人の少女が走っている。 (AFP)
2021年2月17日、シリアのイドリブ県の、反体制派が支配する北部の田舎にあるジャバル・ザーウィヤ地域で、雪に覆われた道をシリア人の少女が走っている。 (AFP)
2021年2月17日水曜日、シリアのラタキア県スランファ町で道路が雪に覆われている。(SANA APを経由)
2021年2月17日水曜日、シリアのラタキア県スランファ町で道路が雪に覆われている。(SANA APを経由)
2021年2月17日、ヨルダン川西岸の都市ラマラで雪が降る中、パレスチナ人女性が写真を撮っている。(AFP)
2021年2月17日、ヨルダン川西岸の都市ラマラで雪が降る中、パレスチナ人女性が写真を撮っている。(AFP)
2021年2月17日水曜日 、トルコのアンカラにある、雪に覆われたSeymenler ParkでAysegul Cepogluさん(後ろ)とAhmet Efe Isikさんが丘を滑り降りている。(AP)
2021年2月17日水曜日 、トルコのアンカラにある、雪に覆われたSeymenler ParkでAysegul Cepogluさん(後ろ)とAhmet Efe Isikさんが丘を滑り降りている。(AP)
2021年2月17日、レバノン東部ベカー高原で雪が降る中、男性がバールベックの古代遺跡に沿って歩いている。(AFP)
2021年2月17日、レバノン東部ベカー高原で雪が降る中、男性がバールベックの古代遺跡に沿って歩いている。(AFP)
2021年2月17日、レバノン東部ベカー高原で雪が降る中、一組の男女がバールベックの古代遺跡に沿って歩いている。(AFP)
2021年2月17日、レバノン東部ベカー高原で雪が降る中、一組の男女がバールベックの古代遺跡に沿って歩いている。(AFP)
2021年2月17日、ヨルダン川西岸の都市ラマラで雪が降る中、人々が通りを歩いている。(AFP)
2021年2月17日、ヨルダン川西岸の都市ラマラで雪が降る中、人々が通りを歩いている。(AFP)
2021年2月17日、ヨルダン川西岸の都市ラマラで雪が降る中、子供たちが車の窓から雪片をつかもうとしている。(AFP)
2021年2月17日、ヨルダン川西岸の都市ラマラで雪が降る中、子供たちが車の窓から雪片をつかもうとしている。(AFP)
Short Url:
18 Feb 2021 08:02:23 GMT9
18 Feb 2021 08:02:23 GMT9
  • レバノン南部マルジャユンとリビア北東部バイダで数年ぶりに降雪

ベイルート:17日、シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエルの一部を雪が覆い、何年も雪が降っていなかった地域が覆われ、交通機関に影響が出て、COVID-19のワクチン接種キャンペーンや、一部の大学の試験さえも延期された。

レバノン南部マルジャユンとリビア北東部バイダで数年ぶりに雪が降った。

強風により、レバノンの広い地域で停電が起こり、既に停電に慣れている多くのレバノン人は、より長く発電機に頼らざるを得なくなった。救助隊によって、雪に覆われた車から4人が救出された、とレバノン国営通信は伝えた。

シリアの首都ダマスカスでは初雪が降ったが、陸軍スポーツクラブとアル・カラマーは、ピッチが雪に覆われていたにもかかわらず試合に臨んだため、プレミアリーグのサッカートーナメントの進行は妨げられなかった。シリアの日刊紙アルワタンは伝えた。

公式国営通信社SANAによると、シリアのスウェイダ県の山では15センチ(6インチ)の積雪があり、いくつかの県の道路が封鎖された。中部のハマ県では道路を通れるようにするために、ブルドーザーによる除雪作業が行われたが、氷で車が滑り、交通が混乱した。

ダマスカス大学は過酷な気候のため、17、18日に予定されていた中間試験をシリアの全ての分校で中止した。同国の港は開いたままだった。その後、スウェイダ県、クネイトラ県、ダルアー県、タルトゥース県の地方自治体は18日、嵐と大雪を理由に学校を休校にした。

反体制派が支配するシリア北西部では、多くの人が密集する地域が雨で浸水するのを防ぐため、民間防衛隊が16日から難民キャンプの周りに土の小山を作っている。300万人近くの避難民がシリア北西部で生活しており、そのほとんどがテントや仮設の避難所にいる。先月の豪雨で190カ所以上の避難所が被害を受け、1万張り以上のテントが破壊された。

隣国レバノンは16日夜、嵐「ジョイス」に襲われ、時速85キロ(52マイル)~100キロ(62マイル)の強風が発生した。この嵐は18日にさらに強くなると予想されている。

この嵐は陽気を崩し、大雨や急激な気温の低下、レバノンで今年最大の大雪をもたらした。気象局によると、標高400メートルの地域で積雪が予想されている。レバノン東部と北部では、12本近くの道路が雪のために通行止めになった。4メートル(13フィート)近い波が海岸に打ち寄せ、海辺にあるクラブとレストランが水没した。

イスラエル気象局は、同国の多くの地域で激しい雷雨が発生し、気温が低下すると予想しており、17日中にエルサレムを含む高地で雪が降ると予想されている。17日夜、イスラエル警察はテルアビブとエルサレムをつなぐ幹線道路を雪のため封鎖した。

シリアとの国境の近くにある、イスラエルに占領されているゴラン高原は大雪に見舞われた。

ヨルダンでは厳しい気象条件のため、COVID-19ワクチン接種運動が中断された。

学校や大学も授業を延期している。ヨルダンのビシェル・アル・ハサーウネ首相は吹雪のため、18日を公共・民間両部門の公式の休日とすると発表した。

ウェブサイト「Arabia Weather」のオペレーティングルームの責任者であるOsama Al-Tarifi氏は、雪が16日夜から降りやまないヨルダン北部アジュルンの山で、雪が20センチ(8インチ)積もったと話した。首都アンマンは17日、大雪になると予想されている。
ヨルダンの一部の地域では風速が時速100キロ(62マイル)を超えた。

リビアでは16日から雪が降り続いているため、北東部の山が雪で覆われ、一部地域の森林や道路が覆われた。

リビアの最北東に位置するジャバル・アル・アクダル地域の住民は、子供たちを楽しませるに外に連れ出し、雪だるまを作ったり、雪合戦を始めたりした。

「多くの家族が雪を記憶にとどめようと、ここに写真を撮りに来たことに、実のところ、驚きました」と東部の都市バイダのアマチュア写真家Ali Al-Shairiさんは話した。バイダは、リビアでは雪が周期的に降ることで知られているが、ここ数年は降っていなかった。

隣国エジプトでは、17日に大雨と強風が広がり、18日まで続くと予想される、とエジプト気象局は発表した。観光の中心地がある南シナイ県の当局は、嵐を乗り切るためにサファリやクルーズなどの観光活動を中止した。

AP

 

特に人気
オススメ

return to top