Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アメリカ、バーレーンがイスラエルとの関係を議論

アメリカ、バーレーンがイスラエルとの関係を議論

アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官とバーレーンのカウンターパート、アブドゥルラティーフ・アル・ザヤー二外務大臣は電話で、イスラエルとの関係について話し合った。(資料写真/アメリカ国務省)
アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官とバーレーンのカウンターパート、アブドゥルラティーフ・アル・ザヤー二外務大臣は電話で、イスラエルとの関係について話し合った。(資料写真/アメリカ国務省)
Short Url:
03 Apr 2021 05:04:22 GMT9
03 Apr 2021 05:04:22 GMT9

アラブニュース

  • バーレーン政府がイスラエルとの外交使節団の代表を指名した後、ブリンケン国務長官とアル・ザヤー二外務大臣の会談が行われた

ロンドン:アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官は4月2日、バーレーンのカウンターパート、アブドゥルラティーフ・ビン・ラーシド・アル・ザヤー二外務大臣と会談し、両国関係やバーレーン政府のイスラエルとの関係を話し合った。

この訪問中に、アル・ザヤー二外相は、両国間の戦略的連携を深めるために共に働き、共通の国益に貢献できることを心待ちにしている、とブリンケン国務長官に伝え、120年以上続くアメリカとの歴史的に親密な関係を、バーレーンは誇りにしていると付け加えた。

アル・ザヤー二外相は、この地域での安全と安定を守るアメリカ政府の戦略的役割を称賛し、中東地域が安定を実現し、平和、成長、繁栄を続けるために、共生と寛容が必要だと述べた。同外相はブリンケン国務長官がアメリカ外交を見事に主導し、アメリカが求められている政治的目標を達成することを祈った、とバーレーン通信社(BNA)は報じた。

アル・ザヤー二外相はまた、アメリカとバーレーンの関係の深さと、その関係がさまざまな分野で成し遂げた発展と成長も称賛した。同外相はまた、さまざまな分野で両国の関係と連携を深めるために、バーレーン王国のアメリカ人コミュニティーが行った取り組みに感謝するとも述べた。

ブリンケン国務長官は、バイデン政権が両国関係をさらに向上させ、より包括的なレベルにまで押し上げること熱望していることを強調し、バーレーンがアメリカ中央海軍を受け入れ、アメリカのテロとの闘いや、資金調達を支援するために、バーレーンが果たしてくれている大きな役割に感謝すると述べた。

「ブリンケン国務長官と同外相は、バーレーンのイスラエルとの歴史的な国交正常化や、12月に開催された初のアメリカ・バーレーンの戦略的対話での進展を生かす方法について話し合いました」と、アメリカ国務省のネッド・プライス報道官は声明で述べた。

この会談は、バーレーンが3月30日、ハリド・アル・ジャラマ氏をイスラエルへの外交使節団の代表に指名すると発表した後だった。イスラエルの外務省は、バーレーン大使館開設のための必要な調整を行うために、バーレーンの外交チームが今後数週間以内にイスラエルに到着する予定だと述べていた。

バーレーンは昨年、アメリカが仲介したイスラエルとの国交正常化の合意に署名した。このアブラハム合意には、UAE、スーダン、モロッコも署名していた。以前はエジプトとヨルダンだけがイスラエルとの外交関係を結んでおり、それぞれ1979年と1994年に署名していた。

プライス報道官は、双方がペルシャ湾全体の共同での地域安全構想についても話し合ったと述べた。

「ブリンケン国務長官は、人権に関する継続的な進展など、主要政策目標の概要を述べ、人身売買との闘いで成果をあげる取り組みをしていることで、バーレーンを称賛しました」と、プライス報道官は付け加えた。

両者はまた、イエメン紛争を政治的解決に至らせようとするアメリカの取り組み、完成に近づきつつあるイランの核兵器開発の危険性に対処する国際社会の取り組み、その他の地域と世界の共通課題も話し合った、とBNAは述べていた。

特に人気
オススメ

return to top