Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イラン検察官、2020年の飛行機撃墜で10人の起訴を発表

イラン検察官、2020年の飛行機撃墜で10人の起訴を発表

テヘラン郊外にあるイランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した後に墜落したウクライナ国際航空PS752便、ボーイング737-800型機の残骸の全体像。(資料写真:ロイター通信)
テヘラン郊外にあるイランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した後に墜落したウクライナ国際航空PS752便、ボーイング737-800型機の残骸の全体像。(資料写真:ロイター通信)
Short Url:
06 Apr 2021 08:04:42 GMT9
06 Apr 2021 08:04:42 GMT9

テヘラン:イランのメディアは、退任するイラン政府の軍事検察官の発言を引用して、2020年のウクライナ旅客機撃墜事件で10人の当局者が起訴されたと伝えている。.

イラン政府の軍事検察官ゴラマッバス・トルキ氏は火曜日、ナーセル・セラージ氏への引き継ぎを行い、コメントを出した。

半官半民の通信社ISNAとイラン司法府の通信社ミザンは、詳細には触れることなくこの発言を報じた。

2020年1月、証拠が積み上がっていくのを前にしながら、3日間にわたり否認した後、イラン政府はついに自国の部隊が2発の地対空ミサイルでウクライナのジェット旅客機を誤って撃墜したことを認めた。

昨年の事故に関する速報では、イラン当局は、ボーイング737-800をアメリカの巡航ミサイルと勘違いした防空担当者に責任を負わせていた。

この撃墜事件は、イランがアメリカの無人機攻撃によりイランの最高司令官が殺害されたことへの報復として、イラクのアメリカ軍に弾道ミサイル攻撃を行った同じ日に起こった。

AP通信

特に人気
オススメ

return to top