Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • MVダラのドバイ沖での爆破事件は、60年経った今も変わらぬ恐怖だ

MVダラのドバイ沖での爆破事件は、60年経った今も変わらぬ恐怖だ

MVダラは、120メートル、5,000トンの船で、ドバイをはじめとする湾岸地域ではおなじみの光景だった(シャッターストック)
MVダラは、120メートル、5,000トンの船で、ドバイをはじめとする湾岸地域ではおなじみの光景だった(シャッターストック)
Short Url:
09 Apr 2021 03:04:50 GMT9
09 Apr 2021 03:04:50 GMT9
  • ドバイ沖で発生したスーツケース爆弾の爆発により、アラブ人、インド人、パキスタン人を中心に238人が死亡した
  • 後にイギリスの捜査当局は、対戦車地雷が原因で旅客船が破壊されたと結論づけた

ロンドン:1961年4月8日の夜、後にドバイの首長となる11歳のモハメド・ビン・ラシド・アル・マクトゥームは、王宮を襲う猛烈な嵐の音で目を覚ました。

子供の頃、彼は祖父の世代の長老たちが、審判の日になぞらえたほどの野蛮で強烈な嵐を思い出すのを聞いていた。

しかし、2019年に出版された自叙伝『私の物語』でシェイク・モハメッドが書いているように、「私は彼らの予言的で破滅的な言葉にはあまり耳を傾けなかった」

それは、1961年の4月の夜までのことで、そのとき「私のベッドが本格的な嵐の中にあり、実家を吹き抜ける強風で窓がバタバタと音を立てていました…私の周りで世界が終わりを迎えているように思えました。他の文化では終末と呼ばれるものです」

彼が書いたところによると、それは「終わりのない夜の始まり」であり、その間、父の臣下の多くは嵐で負傷したり家を失ったりして、宮殿に避難してきた。

シェイク・モハメッドはこう振り返る。「外では、ヤシの木がおもちゃのように飛び交い、多くの家が損壊または全壊し、漁船が街中に投げ出されるなど、大きな被害がありました。あの夜、多くの家族が死傷しました」。

そして、これ以上事態が悪化することはないと思われた矢先、事態は悪化した。自然の猛威ではなく、冷酷な人殺しの手によって、何十人もの人が嵐の海で命を落としていたのだ。

ドバイの支配者であるシェイク・ラシッドは、街に出てできる限りの支援をするように、また、アル・マクトゥーム病院のスタッフが、押し寄せる負傷者に対応するように組織した。

そして、「父が立ちすくむようなニュースが届きました」とシェイク・モハメッドは振り返る。イギリス兵が息を切らせながらドアを通り過ぎていったのだ。彼らは「殿下!ダラで火災が発生しました!」と叫びました。世界が止まっているようでした」

MVダラは、120メートル、5,000トンの船で、ドバイをはじめとする湾岸地域ではおなじみの光景だった。英領インド蒸気航法会社が所有するこの船は、過去10年以上にわたり、ボンベイ(現ムンバイ)から湾岸の港を経由して、貨物や乗客を運ぶ定期便を運航していた4隻の同型船のうちの1隻である。

ダラは、過去10年以上にわたってボンベイ(現ムンバイ)との間で貨物や乗客のための定期便を運航していた4隻の同型船のうちの1隻である(資料写真)

ダラは、過去10年以上にわたってボンベイ(現ムンバイ)との間で貨物や乗客のための定期便を運航していた4隻の同型船のうちの1隻である(資料写真)

3月23日にムンバイを出発したダラは、カラチ、マスカット、ドバイ、ドーハ、バーレーン、クウェート、ホラムシャール、アバダン、バスラに寄港した後、4月7日にドバイに戻ってきた。乗客約560名、乗員132名が乗船していた。

船はクリークの沖合に停泊し、小舟で乗客や貨物を岸辺に往復させていたが、午後になって急激に天候が悪化した。

午後5時30分頃、ダラは近くにいた水位上昇で錨を引きずっていた貨物船に衝突された後、チャールズ・エルソン船長は海に出て、比較的安全な外洋で嵐を乗り切ることを決断した。

これは、ドバイから乗船していた約128名の港湾労働者、職員、商人、乗客の友人など、嵐を切り抜けるための出航前に下船できなかった人々にとって、運命的な決断であった。この夜、船内には約820名の乗客がいた。

ダラは3月23日にムンバイを出発し、カラチ、マスカット、ドバイ、ドーハ、バーレーン、クウェート、ホラムシャー、アバダン、バスラに寄港した後、1961年4月7日にドバイに戻ってきていた(資料写真)

翌朝4時頃に嵐が弱まった後、ダラはドバイへの帰路についた。しかし、それは叶わなかった。

その43分後、左舷上甲板の路地で大きな爆発が起こり、船体が揺れた。

1962年3月から4月にかけてロンドンで行われた事故調査委員会の報告によると、「この爆発はかなり激しいものでした」

「エンジンルームとこの路地を隔てるエンジンルームケーシングに幅約6フィート、高さ約4フィートの半円形の穴が開き、左舷の隔壁にはさらに大きな穴が開き、上の甲板には直径約4フィートの穴が開いた……すぐに火災が発生し、激しい煙が立ち込め、すべての電力が遮断され、操舵装置が作動しなくなり、爆発付近の配管が破裂した」

多くの乗客や乗組員がパニックに陥り、「かなりの量の荷物を持って」総員退艦の指示が出る前から救命ボートに押し寄せた。6隻の救命ボートのうち、2隻が転覆して犠牲者が出た。

近くの船やドバイの漁師などがダラの救助に駆けつけたときの惨状を、シェイク・モハメッドは「私の物語」の中で克明に描いている。

「沈没した船には800人以上の乗客が乗っていた」と彼は書いている。「兵士たちは、多くの人が即死したと言っていたが、逃げようと群がる乗客の中には、押しつぶされて死ぬ人や、荒れ狂う海の中で溺れる人など、刻々とさらに多くの人が亡くなっていった」

(その時)父が立ちすくむようなニュースが届いた。イギリス兵が息を切らせながらドアの前を駆け抜けていったのである。彼らは「殿下!ダラで火事です!」と叫んだ。世界が静止しているように見えた。

シェイク・モハメド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム

過積載の救命ボートが「海の真ん中で転覆し、強風でボートが四方八方に散らばっている」状態だった。

宮殿では、「親戚や大勢のドバイ市民を我が家に集めた。父は、例外なく家族全員に救命ボートを持たせ、できる限りの人を助けようとした。その夜、私たちは約500人を救助することができた。この夜は、恐怖と暴力と恐ろしい人間の悲劇の中で、永遠に終わらないと思っていた。

動けない廃船と化したダラは、さらに2日間浮かんでいたが、ドバイへと曳航される途中、最後には転覆して沈んだ。現在は約8km沖合で横倒しになっている。

ドバイ・ボランタリー・ダイビング・チームは、ウンム・アル・カイワインの観光・考古学局と協力して、10カ月以上にわたり、船「ダラ」が沈んだ場所の瓦礫を清掃し、発掘の第一段階を完了した(エミレーツ通信社)

10年前の筆者のインタビューでは、生存者や乗船していた人の親族が、あの夜の恐怖を語ってくれた。

当時23歳でゴア出身の副パーサーだったジョン・ソアレスは、メインデッキの船室の寝台から爆風で投げ出されたことを思い出した。「甲板の上では混乱していました。穴が開いていて、そこから火が出ているのが見えました」

彼が乗客に救命胴衣を着用させようとしても、多くの乗客が救命胴衣を着用せずに荒波に飛び込んでいった。

「彼らは誰にも耳を貸さず、自分たちだけの世界にいました。恐ろしい、完全なパニック状態でした」

飛び降りた人々の多くが水面に衝突して首の骨を折ったことや、船を包む炎から赤ちゃんを救おうと必死になっている母親が、赤ちゃんを海に投げ捨てて死なせてしまった恐怖など、悲劇から数十年経った今でも、彼はあの夜の出来事に悩まされている。

この地域では、多くの人々がこの悲劇に影響を受けています。沈没事故から12年後に生まれたイスラマバードのラジャ・カイザーは、母親のマクソードさんと一緒に船で亡くなった4人の姉妹、ラティファ(17歳)、ショイブ(7歳)、ジャメラ(5歳)、ハフェザ(3カ月)の「失われた子供たち」を、今でも家族で追悼していると語った。

カイザーは子供の頃から、1987年に70歳で亡くなった船に乗っていなかった父親のラジャから、「失われた子供たち」の話をよく聞いていたという。彼は最後まで、「彼らが生きていると信じていました。誰も泣かせませんでした」

翌朝4時頃に嵐が弱まった後、ダラはドバイへの帰路についた。彼女はそれに間に合わなかった(資料写真)

湾岸地域の多くの家族に影響を与えたこの悲劇の後、爆発事故の原因究明が始まった。

1957年、英国はオマーンのスルタンと反乱部族との間で勃発した戦争に介入した。1959年、イギリスの特殊部隊とRAFの爆撃機が反乱軍に決定的な打撃を与え、ジェベル・アクダール戦争として知られるようになり、この紛争は転機を迎えた。

蜂起は鎮圧されたが、しばらくの間、反乱軍はオマーン国内に地雷を仕掛け、軍用・民間の車両を攻撃し続けた。

1962年、1894年の商船法に基づいて英国に召集された特別法廷は、15日間にわたって証拠を検討し、地雷と思われる爆発物が「実質的に間違いなく、何者かまたは不明な者によって意図的に船内に設置された」と結論づけた。

事務総長のジョン・ホブソン卿は調査団に対し、この爆発はオマーンの反政府勢力による「意図的で邪悪な妨害行為」であると述べた。

調査団は、爆発が「瞬間的な火災を引き起こし、非常に速いスピードで広がった」と報告した。

死者が出たのは、「爆発そのものによるものと、火災が極めて急速に広がったことによるものがあり、そのために不特定多数の人が窒息し、大部分の救命ボートが発進できなかった」としている。

沈没船ダラを調査するために派遣された英国海軍の潜水士が調査団に証拠を提出した。

彼らは、「爆発の原因は、対戦車地雷に使われているような種類と量の高性能爆薬であり、おそらく時限装置付きの起爆装置によって意図的に起爆されたものであることは疑いの余地がないと思われる」と結論づけた。

この爆発の責任を主張するグループはなく、実行犯として起訴されることもなかったが、多数の容疑者が英国に逮捕され、尋問を受けた。

topics
特に人気
オススメ

return to top